2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のフェザー級タイトルマッチで挑戦者・卜部弘嵩と対戦した王者・村越優汰。試合では右ジャブを上手く使いつつ、中盤以降は得意の三日月蹴りに加えヒザ蹴りを何度も弘嵩のボディに突き刺し、判定勝ちで初防衛に成功した。

 一夜明け会見では「初防衛戦ということで、かなり自分の中でもプレッシャーもあって、どうしても勝ちが欲しかったです。勝ててほっとしてます」と初防衛を果たした心境を語ると「僕の強さはまだまだ100%見せられてないと思う。強い選手をバンバン倒して行きたい」と今後の抱負を語った。

「昨日は初防衛戦ということで、かなり自分の中でもプレッシャーがあって、前回の試合で負けてしまって、今回は負けられないっていう気持ちが強くて、どうしても勝ちが欲しかったです。勝ててほっとしてます。

(K'FESTAという大舞台でようやく自分の力を発揮出来た?)やっぱりK-1に来てから自分の思う力が見せられてなかったと思っていて。昨日の試合は自分の実力を少しは見せられたのかなとは思います。(蹴りを活かすために上手くジャブを使っていた印象があったが?)やっぱり自分の武器は蹴りなんで。良いところは消さずに、さらにパンチを磨いてきたって感じですね。

(これからもシルバーウルフでの出稽古は続けていく?)それはちょっとまだ考えてないんですけど、とりあえず今回の試合にかなりかけてたんで、それまではとりあえずお世話になっていたという感じです。

(前回は相手をなめていた部分があった?)正直舐めていた部分もあったのかなとは思います。あとは外国人選手で少し気持ちも乗らなかった部分もありました。それでも負けてしまったんで…。今回は悔しい思いがあったし、今回の相手の卜部選手のことは凄い尊敬しているんで、かなり気合いが入ってましたね。

(練習量が違った?)かなり練習量も多くしましたし、今までやってきてなかったことを幅広くやった感じです。あえて一つ挙げるならパンチを磨いたところですかね。ボクシングジムにも練習に行かせてもらいました。

(今後の目標は?)さっきも言ったように、僕の強さはまだまだ100%見せられてないと思うんで。しっかり見せるためにも強い選手をバンバン倒して行けたらなと思います。(同じくシルバーウルフで練習している小澤海斗選手からベルトを狙って行きたいという発言もあったが?)いつでも自分は。全然負ける気しないんで」