2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 城戸康裕を延長判定で下し、2度目の防衛に成功したK-1ウェルター級王者・久保優太。バッティングによる負傷があり、サングラス姿で登場すると、妻との生活、アンチにも言及する“久保ワールド”を展開。野杁正明を降したジョーダン・ピケオーを次期挑戦者として逆指名した。

「昨日3ラウンドにバッティングがあって、眼窩底骨折しちゃったんです。だから今日はちょっとサングラスをして、こうやってチャキーンって(笑)。よろしくお願いします。

 試合は僕が1ラウンドから3ラウンドまでペースを取って、ポイントも取って勝てたかなと思ったらドローだったのでヤベェと思って、集中力が切れちゃったんです。でもトレーナーに『マストシステムだからちゃんとしっかり気合いを入れ直してやれ』と言われて、最後にちゃんとガーン!と前に出ることができました。本当に城戸選手のベルトに対する執念というのを感じて、それに対して僕もバン!と行った感じです。僕もベルトに執着しているというか。

 試合前にAbemaTVの『ONE DAY』で、僕が遊んでいるというか振り回されてる(苦笑)、そういう感じの印象、格闘家でない雰囲気を出しているのをアンチの奴らがメチャクチャ騒いでて、燃料を与えてしまったので、ここは勝たないとマジでヤバいと思って。

 それで肝心の妻のサラちゃんが、なんと昨日は隠れて来てくれていたらしいんです。LINEで『観てたよ』って会場の写真を送ってくれて、『カッコよかった、感動した!』って書いてありました。パッと見てパッと帰ったみたいなんですけど…応援に来てくれてカッコいいところを見せられてよかったな、頑張った甲斐があったなと思います。すみません、何かプライベートなことで。

 僕は結構ベテランになってきて、ダメージとか怪我が多くなってきて、試合間隔が開くことが多かったので、1年ぶりというのは体調的には感じなかったんですけど、やっぱりさいたまスーパーアリーナのメインアリーナ大会っていう大舞台で、1年ぶりに試合ができたことすごく嬉しかったというか、入場の時もすごくテンションが上がりました。超満員のお客さんがいる中でできたっていうのがすごくテンションアゲアゲだったなぁって思ってます。

 11月にピケオー選手から対戦表明をされて、僕は3月にやってもよかったと思っていたので、チャンピオンとして迎え撃ちたいなと思っています。ただタイミングは、怪我もしちゃって今すぐにって言うにはアレなんですけど、次の防衛戦はぜひピケオー選手とやりたいと思っています。

 ごくごくわずかな久保優太ファンの方々、どうも応援ありがとうございました。たくさんのアンチの方は、これからも僕のツイッターをたくさん燃やして頂き、これからもたくさん炎上させてください。よろしくお願いします。今日は平日なのに、お忙しいところたくさん来て頂いてありがとうございます!」