2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 野杁正明との“日本・オランダ怪物対決”を制したジョーダン・ピケオー。一夜明け会見では上機嫌に試合を振り返り、勝利後のマイクでも語ったようにウェルター級王者・久保優太が守った王座への挑戦を改めて宣言した。

「タフな一戦だったけど、自分の持てるものを全て出し切ったと思っているから、とてもよい試合だったと思う。

 マサアキはとてもタフでハードな相手だった。すごく強い攻撃をいくつかもらって、その借りを返すつもりで自分もパンチをお見舞いした。以前伝えた通り、彼は前に出る選手で後ろに下がるような展開になった。そんな感じの試合だったと思う。

 記者会見にこんなに多くのファンの方が集まるとは思っていなかったから、これだけ大勢の方に見て頂いてすごく嬉しく思う。次に狙いたいのはユウタ(久保優太)が昨日守ったK-1のベルトです。また日本に戻ってきてこのベルトに挑戦して、早くK-1のチャンピオンになりたい。自分のジムの仲間も日本でタイトルを獲りたいと言っていて、自分もユウタのタイトルを目指して、チームメイトと一緒にチャンピオンになれたらいいなと思っています」