2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 日本vs世界・7対7で、過去に敗れているKANAと対戦し、判定勝利を収めたヨセフィン・ノットソン。前回の敗戦はアクシデントによるものだと主張しており、今大会ではダイレクトリマッチでリベンジを達成する形となった。会見でヨセフィンは「涙が出るぐらい本当に嬉しかった」と語る一方、K-1への連続参戦、女子王座の制定も希望した。

「昨日の試合は自分が思っていた通りの結果になり、とても嬉しく思っている。前回の試合でも自分が勝ったと思ってましたが、負けになってしまったので、今回は必ず勝ちたいという気持ちがすごくあって、今回の結果には涙が出るぐらい本当に嬉しかった。このような大きな大会に出られることはモチベーションにも繋がりますし、日本のファンの方の応援はとてもアツいので、自分もよりいっそう盛り上げる試合をしようという気持ちになった。

 もともと私はムエタイがベースだけど、前回の試合以降、K-1ルールの練習をして、ルールにアジャストする練習をしてきた。KANA選手はボクサー的な試合スタイルで頭から入ってくる選手なので、ムエタイに慣れている自分が彼女を掴まないようにするのは常に注意しておく必要があった。でも今後はK-1ルールの試合が増えていくと思うし、自分ではK-1ルールに合っていると思うので、今後はこのルールによりいっそう挑戦できるよう練習をしていきたいと思うわ。

 私は日本と日本のファンが大好きだし、今後もK-1で試合をしていきたいという気持ちがすごくある。K-1は本当に完成された素晴らしい大会なので、そういったところで試合を続けられるというのは自分にとって非常に嬉しいこと。

 もし今後K-1がタイトルを作るのであれば女子のトーナメントを開催して頂いて、もちろんその中にKANA選手も参加してもらいたい。でもそのためにはもっと多くの女子選手が出て女子を盛り上げていく必要があるから、仮にそれがトーナメントじゃなくても、大きな舞台を用意してくれるのであれば、K-1女子のカテゴリーでベルトを懸けて戦いたい。

 先ほども言ったように、自分は前回の試合で負けたと思っていなくて、それを証明するためにも今回は必ず勝たなきゃいけないと思っていた。昨夜勝ったことにより、自分の方が強いということを証明できたと思う。KANA選手とは将来的にまた戦う機会があれば戦うけれど、自分の気持ちの中ではKANA選手には2回勝っているイメージなので、もしやるならトーナメントになるだろうし、次は違う選手と戦いたいと思う」