2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

「とりあえず試合は1Rで終わらせる」と豪語していた芦澤竜誠を相手に得意のパンチで3度のダウンを奪い、逆に1RKOで返り討ちにしてみせたホルヘ・バレラ。一夜明け会見ではアシザワとの対戦に備えてTeam Jesus Cabello一丸となって準備を行ってきたことを明かすと、会見の最後には弟分のアレックス・リーバスが家族の事情で欠場を余儀なくされたことをファンに詫びた。

「今回また日本に来るチャンスを与えてくれてありがとう。そして昨日はとても素晴らしい一日を過ごすことが出来たし、素晴らしいファイトを見せることが出来たと思う。(芦澤選手の印象は?)アシザワも皆さん知っての通り素晴らしい選手だし、有名な選手だ。その対戦に備えてとても厳しいトレーニングをチーム一体となってやってきた。とにかく勝つという思いでやってきたし、その結果が出せて嬉しい。(K'FESTAという大きな舞台で試合をした感想は?)前にも言ったとおりK-1に出場することが自分の夢だったし、それが叶えられてとても嬉しい。これで終わりではなく、まだ続きがあるので、またぜひとも自分のファイトを見てほしい。

(所属するTeam Jesus Cabelloはチーム全体がK-1参戦に意欲的だが、バレラ選手個人としてK-1に売り出したい選手はいる?)皆さんがまだ知らないかもしれないが、とても良い選手がたくさんいるので、できれば彼らもどんどんK-1の参戦していってほしい。すいません最後に一言、同じチームにいるアレックス・リーバスが今回急遽日本に来ることが出来なくなってとても残念だった。彼はしっかりとトレーニングを積んでいたが、皆さんにその姿をお見せすることができなくて申し訳なく思っている。次は必ず彼もその姿を見せてくれると思うので、よろしく」