2019.03.09

 3月9日(土)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 スーパーファイト会見の第1部には、本戦の第1試合で激突するフェザー級の小澤海斗vs覇家斗を筆頭に、ウェルター級=近藤魁成vs瑠久、そしてライト級=リュウ・ウェイvsゴンナパー・ウィラサクレック、大沢文也vs篠原悠人の計8選手が登壇した。

 本戦オープニングを飾る試合を前に「1試合目で必ず爆発させて最高の試合をする」と意気込む覇家斗に対し、小澤は「変わったところを見せる」とシルバーウルフに移籍しての変化を強調。次の挑戦者争いとしても注目のライト級戦はそれぞれの選手たちが「ライト級のタイトルマッチに相応しい選手だとアピール出来る試合を見せる」(リュウ)、「いつも通り全力で戦う」(ゴンナパー)、「しっかり勝ってタイトルマッチにつなげたい」(篠原)とタイトルマッチを意識したコメントを残す。

 その中で大沢だけは「僕が所属してたジムが潰れちゃって、僕ともう後輩二人だけになりました。でもここからが新生TANG TANG FIGHT CLUBだと思ってるんで、明日は本当に何が何でも負けられない」と閉鎖となったジムへの熱い想いと新たな船出のための勝利を誓った。各選手のコメントは以下の通り。

覇家斗
「勝つことだけ、そして生き残る覚悟を持って、それだけを考えてどんな辛いことも乗り越えてやってきたんで、明日はそれを爆発させたいと思います。お互い良い感じで仕上がってると思うんで、明日は最高に熱い試合をして会場を盛り上げたいと思います。負ける気は一切しませんし、本当に勝つ気でしかないんで。明日はしっかり爆発させます(第1試合でどんな試合を見せたい?)第1試合でその日の基準が決まると思うんで、1試合目で必ず爆発させて最高の試合をして、それによって『K'FESTA.2』が盛り上がると思います。やっぱり判定じゃつまんないと思うんで倒し合いのKO決着で決めたいと思います(相手の変わったところは気になる?)別にそんな気にしないですね」

小澤海斗
「勝つことはもちろんなんですけど、変わったところを見せますよ。(第1試合でどんな試合を見せたい?)久々の第1試合なんで変わったところとか色んなところを見せます。(芦澤選手から激励のコメントがあったが?)そんなこと言ってたんですか?見てないんで分かんないです。(それを聞いてどんな気持ち)う~ん、うれピー」

瑠久
「今は凄い身体に水分が染みわたっていい感じっす。(再戦ということで、お互いにどんな試合を見せたい?)過去最高の仕上がりでここに来れたんで、もう別に言うこともないし、まあ明日リングでやるだけっすね。必ずKO決着で俺がKOするんで、期待しててください」

近藤魁成
「明日は父親が会場に来れなくて、AbemaTVで見てくれるということで良い姿を見せられるように明日はKO勝ちします。(再戦ということで、お互いにどんな試合を見せたい?)減量が今までに比べて凄い調子が良くてパワーも有り余ってるんで、明日はもう一回ハイキックで倒したいと思います」

リュウ・ウェイ
「昨年12月の試合では皆さんに自分の満足いくパフォーマンスを見せることが出来なかった。今回の試合では必ず皆さんにエキサイティングな試合を見せるので、ぜひ期待してください。(どんな試合を見せてタイトル争いに食い込んでいきたい?)明日の試合で、皆さんがぜひとも私がライト級のタイトルマッチに相応しい選手だとアピール出来るような激しい試合をお見せしたい」

ゴンナパー・ウィラサクレック
「今は非常にコンディションが良くて、明日は全力で戦う。。(どんな試合を見せてタイトル争いに食い込んでいきたい?)今回はいつも通り全力で戦うだけだと思っている。対策はもうしっかり出来ているので、明日を楽しみにしていてほしい。去年より良い試合をしたい」

篠原悠人
「今回は減量がちょっとしんどかったんですけど、しっかり落ちて良かったなと思います。ライト級に下げて2回目なんですけど、一回目より良い感じに仕上がっているんで、楽しみにしていてください。(どんな試合を見せてタイトル争いに食い込んでいきたい?)12月の大阪大会のライト級世界最強決定トーナメントは準決勝で負けちゃって3位やったんですけど、大沢選手は準優勝で、今回の一戦に勝てばタイトルマッチも近づくかなと思うんで、今回しっかり勝ってタイトルマッチにつなげたいと思ってます」

大沢文也
「計量を突破してここに立っています。ゴンナパーと話しててチャックが空きっぱなしだったんですけど、誰か気付きました?(笑)今回は僕も減量がちょっときつくて、体調管理も最後の調整もいつもとは違う感じでちょっと駄目だったんですけど、こうやって計量を突破してここに立ててるんで。明日はどんだけダメな体調でも凄い良い試合ができると思います。よろしくお願いします。

(どんな試合を見せてタイトル争いに食い込んでいきたい?)どういう試合をして勝つとかは別に、勝てればどんなにつまんない試合をしても良いかなと思ってます。それよりファンの皆さんも知ってると思うんですけど、僕が所属してたジムが潰れちゃって、そこにいた選手もみんな離れちゃって、僕ともう一人の後輩二人だけになっちゃいました。本当にここからが新生TANG TANG FIGHT CLUBかなって思ってるんで、明日は本当に何が何でも負けられないですね」