2019.03.08

 3月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/K-1女子-51kg契約/3分3R・延長1R]でKANAと対戦するヨセフィン・ノットソンが公開練習を行った。

 ヨセフィンは昨年11月のK-1さいたま大会でKANAと対戦し、序盤から鋭い前蹴りとスイッチワークでKANAを苦しめたものの、3Rにダウンを奪われて判定負けを喫した。ヨセフィンは試合後にダウン裁定はアクシデントによるものだと主張し、KANAとの再戦をアピール。今大会でKANAとのダイレクトリマッチが決定した。

 2分1Rの公開練習ではパンチのコンビネーションを中心にミット打ちを行ったヨセフィン。「コンディションはとても良いし、今回の試合に向けて前回よりもより一層準備が出来ているので、さらに良いパフォーマンスが見せられると思う」と完全決着に向けて更なるレベルアップが出来たと語る。

「KANAはとても強い選手だったけど、私たちのゲームプランも凄く良い感じに進んで、試合運びも良かったと思う。あの試合は自分自身勝っていたと思っているので、K-1がすぐにリマッチの機会を与えてくれたことには感謝しているわ」とダイレクトリマッチが組まれたことに感謝の言葉を述べたヨセフィン。

「1Rと2Rは間違いなく自分が取っていたと思う。3Rは自分のミスもあってKANAのラウンドだったかもしれないけど、試合全体を振り返ってみると、(ダウンの裁定がなければ)私が勝っていたと思う」と前回の試合を振り返る。

 続けて「ムエタイルール主体で試合をしてきたこともあって、前回はK-1ルールとムエタイルールの切り替えが上手くいってなかったところがあったと思う。あの試合でK-1ルールをより理解できたので、今回はK-1ルールにより合った練習をしてきた」とK-1ルールへの更なる適応に自信を見せるヨセフィン。

 KANAが「完勝、もしくはKOで完全決着したい」と発言していることに対しては、「KANAがそう言うのは理解できる」とした上で「、私が前回と同じような試合をして必ず勝つ」とリベンジを誓った。

「来日する前から彼女がそういう発言をしていたこと(KOで完全決着したい)は聞いていた。おそらく彼女自身も、前回の試合は負けていたかもしれないという認識があったと思う。それもあって、今回は誰もが分かる勝ち方をしたいと言うのは理解できるし、ファンに向けてそういった発言を言わなければいけないのも分かっている。でも、だからといって自分にとって何かが変わるわけでもないし、前回と同じような試合をして必ず勝つ」

 最後にヨセフィンは「ファンの皆さんが前回の自分の試合を見て喜んでくれたことにはとても嬉しく思っています。KANAはとても強い選手だけど、自分はオールラウンドファイターだと思っているので、皆さんにまた良い試合を見せられるように全力を尽くす。皆さんが楽しめるような素晴らしい試合をお見せするのと同時に、今回は必ず私が勝つと約束します」ファンにメッセージ。

 共に完全決着を望むダイレクトリマッチで勝利を手にするのは果たしてどちらか?