2019.03.08

 3月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[【株式会社 武州鳶 Presents】日本vs世界・7対7/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で芦澤竜誠と対戦するホルヘ・バレラが公開練習を行った。

 バレラは昨年6月の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントでK-1デビューを果たすと、一回戦で小澤海斗を得意のパンチでKO。準決勝では村越優汰に延長判定の末に敗れたものの、右ストレートでダウンを奪って存在感を示した。大会後は同じくトーナメントでインパクトを残し、過激な発言で一気に注目を浴びた芦澤にSNSを通じて対戦をアピール。その挑発に芦澤が乗る形で今回の一戦が実現した。

 公開練習でバレラは得意のパンチに加え、ローキックも盛んに織り交ぜるコンビネーションも披露。芦澤の動きを意識したようなトレーナーのトリッキーな攻撃にも反応しながら2分1Rのミット打ちを終えた。芦澤戦に向けてコンディションは「今までで最高の仕上がりで準備は万端だ」とコンディションに抜かりはない。

 SNSで対戦要求してきた理由を問われ「アシザワは今とても有名になっている。俺がアシザワを日曜日に倒して、もっと上に行きたいと思ったんだ」と語るバレラ。事前のインタビューでは「お前は自分が王様だと勘違いしてるんじゃないか? 俺がその勘違いから目を覚まさせてやる」など芦澤顔負けの過激な発言を連発していたが、この日も「アシザワは頭の良いファイターだと思う。トリッキーなスタイルだが、彼のことは研究してきたし、そのための準備もしてきた。日曜日は俺が勝つよ」と芦澤攻略に自信をのぞかせる。

 芦澤の「バレラのパンチは当たらない。今の俺の実力でいけばほっといてもKOになる」といった発言に対しても「俺のパンチが当たった時にすべてが分かる。その瞬間、アシザワは眠っているだろう。1Rで倒してやるつもりだ」と冷静な口調で返り討ちにすると切り返す。

 以前、バレラは「尊敬している卜部弘嵩と戦いたい」と発言していたが、改めて「ウラベはK-1の中でも素晴らしい選手なので、この試合に勝利して必ず戦いたい」と弘嵩との対戦をアピール。最後に「今回は二度目の来日で、みんなに素晴らしいファイトを見せることで自分も満足したい。何よりみんなが試合を楽しめるように、日曜日は全力で戦うので楽しみにしておいてほしい」とファンにメッセージを送ったバレラ。その冷静な分析力と得意のパンチで芦澤をマットに沈めるか?