2019.03.08

 3月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で武居由樹と対戦するサンドロ・マーティンが公開練習を行った。

 当初、武居と対戦予定だったアレックス・リーバスの欠場により、緊急K-1初出場が決まったサンドロ・マーティン。準備期間がない中での試合となるが「いつも万全の状態で準備をしているし、最高の状態だ。K-1出場は私にとっては夢見ていたことだし、いつか出たいと思っていた。オファーが来た時は凄く嬉しかったよ」とコンディションに不安はなく、K-1からのオファーを迷わず受けたという。

 WBCムエタイスペイン王者、ISKAムエタイルールスペイン王者の肩書きを持つマーティンだが「自分はムエタイだけでなく何でも出来るコンプリートファイターだ」とK-1ルールの適応にも自信を見せる。「K-1チャンピオンのタケイのことはもちろん知っていた。彼は有名だし、もちろん良い選手で、素晴らしいファイターなことは間違いない。でも自分は勝つためにここに来た」と武居に敬意を表しつつも自らの勝利を疑わない。

 公開練習では強烈なヒザ蹴り・ミドルキックを中心としたミット打ちを披露していたマーティンは「タケイに対してどういった戦い方をするかは日曜日に見てくれ。どこで戦っても、とにかく自分のスタイルを貫くだけだ」とファイトスタイルも含めて決戦を前に情報は一切漏らさず。「この試合はもちろん楽しみだが、皆さんもとにかく私の試合を楽しんでほしい。そして勝つのは自分だ」と改めて勝利を宣言した。