2019.02.27

 2月27日(水)東京・K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で松花征也と対戦する左右田泰臣が公開練習を行った。

 対戦カード発表記者会見では松葉杖姿で会見に出席し、過去に試合が消滅した因縁のある松花に対し「もしどちらかが行方不明になってもいいように代理選手“X”を用意してもらえれば」と仰天の提案をした左右田。この日の公開練習にも松葉杖姿で足を引きずりながら現れると、自身の代理選手“X”だという謎のマスクマンにシャドーボクシングをさせるという驚きの公開練習を行った。

 謎のマスクマン“X”がシャドーボクシングを開始すると、左右田はリングサイドで見つめながら「ガードが下がる癖があるからガードしろ」と的確なアドバイスを飛ばし、最後は満足げな表情で公開練習を終えた。

 その後のインタビューで「一番最初の会見からこんな感じ(松葉杖姿が)続いちゃってるんで、今回は“X”にしっかり頑張ってもらおうと思った」と“X”に公開練習をやらせた意図を説明。

 対戦相手の松花はまだ公開練習を行っていないが「もしかしたら、また公開練習をやる前にいなくなってしまうかもって不安はありますけど、そのために彼にも代理人“X”を用意しておいてもらえればと思います」。その後も左右田は「見れば分かると思いますけど、現在の自分のコンディションはこの状態なんで。さっきの“X”の動きで、どれだけ仕上がってるか見ていただけたと思います」と自身ではなく“X”のコンディションの良さを強調。

 続けて「今のシルバーウルフは、ここ何年かと比べるといなくなったメンバーもいるし、新しく増えたメンバーもいて、と大分ガラッと代わって、そういう意味では凄く楽しい環境になった」と個性豊かな選手が集結しつつあるシルバーウルフの現状について語る。

 同時に昨年は塚越仁志、山崎陽一という苦楽を共にした戦友の引退もあり「シルバーウルフで格闘技人生をスタートさせたのも、プロになったのも同じ時期で、同期の二人が辞めたことは、僕自身も色々考えさせられる部分はあった。でも人それぞれの人生なので、しっかりと僕は僕の人生を歩んでいければなと思ってます」。

 松花はK-1初参戦でいきなり「K'FESTA」出場となったが、そのことについて左右田は「最初のインタビューの時に言ったんですけど、やっぱり『K'FESTA』というのは、K-1 JAPAN GROUPの年に一度のビッグマッチ。去年3月からの1年間でしっかり結果を残したり、活躍してきた選手が選ばれる舞台だと思っている。初参戦でいきなりビッグマッチに出られるのか?って疑問は正直ある」と持論を展開。

「人それぞれ考えはあると思いますけど」と前置きしたうえで「僕はK-1の選手だけで作る興行で、たくさんのお客さまが集まって、会場が埋まることが理想だと思っている。そこ(K-1)で生きてきた人間が、その舞台(K-1)で最大限のパフォーマンスをしっかり発揮して、満員のお客さまの中で試合をする。それでお客さまに喜んでもらうことがベストで、K-1で生きてきた人間でK-1のビッグマッチを満員にすることに意味があるわけですよ。初参戦の選手がいきなりビッグマッチに出られるのはどうなのかなと思いますね」と熱く語った。

 続けて左右田は「僕がKrushに初参戦した時は僕は余所者で、その時に対戦した松下大紀選手はすんなりと僕を通さないと思っていたと思います。僕もそれに似た感じですかね。すんなりと対戦相手の方の思い通りにはさせないですよ、絶対」と闘志を燃やす。

 左右田はインタビューで「スパーリングも“一発勝負”というテーマでやって、試合での修正力・対応力を養いたい」と発言していたが「修正力は養われてきたんですけど、とりあえず今はこの状態(松葉杖姿)を早く修正することに頭が一杯です」と怪我(?)の状況を気にしつつ「(松花は2年ぶりの試合で情報がないので)しっかり代理人の“X”に修正力・対応力をつけてもらって、当日は良いパフォーマンスを発揮して欲しいなと思います」とあくまで試合するのは“X”だという前提で話を進める。

「動きを見てもらったら、どれだけスピードもあって、体のキレもあって、コンディションも良いか見ていただけたと思います。あとはちょっとしたところの、それこそさっき言った修正ですね。“X”は攻撃力はあるんで。ただいくら攻撃力があっても、攻撃する最中にガードが下がって、相手の攻撃をもらえば倒れてしまう。特に“X”は打たれ強いタイプではないので、ガードは身につけさせたいですね」と“X”の話題に終始した。

 ここまで“X”について語り続けた左右田だが、ベルトに話が及ぶと「当日はどちらが試合をするか分からないですけど、自分の目標はベルト、というよりもスーパー・ライト級のベルトですね。僕はスーパー・ライト級以外のベルトには全く言っていいほど興味がないので。一番最初に出たトーナメントで獲れなかったベルト。僕はもう65kgに凄く拘りがあるので。格闘技人生が終わるまで65kgに拘って行きたいですね」とスーパー・ライト級のベルトにかける並々ならぬ想いを吐露した。

 最後にファンに向けて「サンテンイチゼロ、僕が出るのか代理人“X”が出るのか当日まで楽しみにしててください」とメッセージを送った左右田。サンテインイチゼロ当日のリングに立っているのは果たしてどちらなのか!?

 

選手登録