2019.02.25

 2月25日(月)埼玉・川口市のBeauty Style M'sにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の「スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で篠原悠人と対戦する大沢文也が公開練習を行った。

 昨年12月のK-1ライト級世界最強決定トーナメントでは決勝で林健太に敗れるも、以前とは一味違うファイトでK-1ファンの心を掴んだ大沢。所属先であるTANG TANG FIGHT CLUBが昨年12月で閉鎖となり、今回はフィジカルトレーニングを行っているジム=とBeauty Style M'sで公開練習を行い、2分1Rの軽快なマススパーを披露した。

 大沢はスーパー・フェザー級からライト級に階級を上げるタイミングでBeauty Style M'sでのフィジカルトレーニングをスタート。「スーパー・フェザー級(60kg)で最後に試合をしたあと、最初に取り入れたのがここでのトレーニング。ライト級世界最強決定トーナメントは、ここでトレーニングを始めて一年ちょっとぐらいで、ちょうど成果が出始めたのかなと思う」とBeauty Style M'sでのトレーニングでライト級で戦う身体を手に入れた。

 ジムは閉鎖となったものの、大沢の所属先はTANG TANG FIGHT CLUBのまま。「TANG TANG FIGHT CLUBに対する思い入れはすごく強い。元々ジムでも最初は僕が一番下っ端だったんですけど、気づいたら自分が一番上になってて、それで後輩たちを引っ張る存在になった時に、ジムが消滅してしまった。どうしたら良いんだろう?って思いましたけど、返しても返しきれない、口じゃ言い表せないぐらいの恩義がある。名前は変わったとしても僕が会長になっていつかジムを復活させたい」とジムへの熱い想いを語った。

 今回の篠原戦は大沢がSNS上で対戦を呼びかけたことがきっかけで実現した。大沢曰く「篠原選手と戦ったら技術的な面でけっこうハンサムな試合ができると思った。ガチャガチャした選手だったらブサイクな試合になっちゃうけど、篠原選手みたいなタイプだったらカッコいい試合できると思った」。

 篠原の公開練習も既にチェック済みのようで「五分五分の打ち合いはしないとか、KOする力は自分の方が上だって言ってたじゃないですか。でも『何で当たり前のこと言ってんだろう?』って。俺、別にKOする力ないし(笑)」と篠原の発言に言及。「俺が篠原くんより秀でているのは目!パンチはもらわないっす!ディフェンスは間違いなく僕の方が上ですね」とディフェンス面は自分が上だと断言。「あとはボクシングテクニックも間違いなく僕の方が上手いですね。篠原くんはボクシングも上手いけど、蹴れるじゃないですか。だからパンチだけじゃなくて、蹴りも注意します」と篠原のファイトスタイル冷静に分析する。

 アウトボクシングの印象が強い大沢だが、最近の試合では勝負所でインファイトに持ち込むなど戦いの幅が広がっている。これについて聞かれると、大沢は「今回はどっちだと思いますか?」と逆質問。「ラウンドのどこかでインファイトをしかけるのかなと思います」と記者が返答すると、「分かりました。作戦とかもあるんであんまり公表したくないんですけど、一つだけファンサービスをしちゃいます。1Rは捨てます。1Rはあげるんで、2Rから勝負します」と驚きのコメント。「だから篠原くんは1Rで僕のことを倒せなかったら、その試合は僕の勝ちですね」と意味深な発言を続ける。

 また篠原が公開練習のシャドーボクシングでスイッチを繰り返していたこと、「大沢選手がオーソドックス・サウスポーどちらに構えても、その時々で僕も構えを変えられるのが一番いい」と発言していたことに対しも「それ、凄いなって思いました。これは嘘じゃなくて、全く俺と考えてることが一緒。篠原くんはタイトルマッチの時はサウスポーでやってたし、トーナメントでは右でやってた。だから僕も今回の実践練習は、サウスポー6対オーソドックス4で、むしろオーソドックスと練習してる方が少ないです。だから僕もどっちできても良いようにやってます」と明かし「なおさらそこは面白くなったと思います」とより試合が楽しみになったという。

 自身がインタビューで発言していた「メンタル弱い同士の対戦」や「今回はらしくなく打ち合う」といった発言は「あれは心理戦です(笑)」とキッパリ。ファンには打ち合いはもちろん、カウンターを駆使した神経戦も楽しんで欲しいとアピールした。

「正直、最近試合で打ち合っているのには理由があるんですよ。実際の練習ではけっこう打ち合っていて、最近の試合では打ち合いながらも安全運転できると思って、打ち合うことがありました。だから打ち合うかどうかは会場の雰囲気によります(笑)。お客さんが『打ち合え!』って言うなら打ち合いますよ。でもお客さんにはどっちのカウンターが先に当たるか見て欲しいですね。どっちもカウンターパンチャーなんで、相手がカウンターパンチャーだったら、相手のカウンターにまたカウンターを合わせてみせます」

 以前から卜部功也との対戦を目標に掲げてきた大沢。改めて「ずっと言ってますけど、僕の目標は卜部功也。ずっとずっと言ってますけど、彼はパウンド・フォー・パウンド。全階級を通したら卜部功也選手が一番強いなって思う。ここで勝てば一気にタイトル戦線に近づくかなと思う」と改めて功也との対戦に闘志を燃やした。

 最後に大沢は「3月10日、僕と篠原くんの試合は凄いテクニック対決になると思うんですけど、格闘技をよく分からない人が見ても分かりやすい、凄い教科書通りのような試合が出来ると思います」とファンにメッセージ。「皆さん、僕たちのテクニック対決を乞うご期待してください。サンテンイチゼロK-1見ようぜ!」とまさに“教科書通り”の言葉で公開練習を締めた。