2019.02.12

 2月11日(月・祝)SHIBUYA109イベントスペースにて「『K'FESTA.2』3.10さいたま大会 サンテンイチゼロK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース」が行われた。
 このイベントは「K'FESTA.2」3.10さいたま大会に向けた無料公開イベントで、出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開。第3部では篠原悠人、和島大海 、加藤久輝、郷州征宜、城戸康裕、覇家斗、金子晃大が「K'FESTA.2」に向けての意気込みを語った。各選手のコメントは以下の通り。

篠原悠人
「去年はK-1大阪大会のライト級世界最強決定トーナメントで一回戦は勝てたんですけど、二回戦で負けちゃったんで、ちょと悔しい思いをして終わったかなって感じですね。ゴンナパー戦の左フックはめっちゃ練習してたんですけど、一発目で当たって自分が一番ビックリしました。作戦通り行き過ぎて、二回戦は自信を持ちすぎて、完全に調子乗って負けました(苦笑)。

 大沢選手とはいつかやるかなとは思ってたんですけど、大沢選手に勝たないとライト級のベルトにつながらないと思うので、しっかり勝ちたいなと思います。大沢選手は僕がK-1甲子園に出てる時からK-1本戦やKrushに出ていたベテランなんで、そういう試合の運び方は上手いかなと思います。この試合はテクニック勝負って言われてますけど、しっかり分かりやすいようにKOで倒そうかなと思ってます。僕はさいたまスーパーアリーナ自体が初めてなんで、あの長い花道が楽しみですね。

(2019年はどんな1年にしたい?)今回の『K'FESTA.2』でタイトルに挑戦したかったんですけど、ライト級のベルトを獲りたいんで、次しっかり勝って、タイトルマッチにつなげられるように頑張りたいと思います。3月10日はテクニックも見せつけて、最終的にはKOでしっかり倒したいと思ってるんで、応援よろしくお願いします」
和島大海
「2018年は3試合やって、最初は中国でやったんですけど、バブルって感じでめっちゃ楽しかったですね。また中国には行きたいです。ただ中国はめっちゃアウェーで、僕がダウンを取ってもシーンとしてましたし、かなりメンタルは鍛えられました。次のKHAOSでは初めてメインで試合させてもらって、それも凄い良い経験になりました。

 9月のジョーダン・ピケオー戦はピケオー選手が日本人無敗で、ほとんどダウンを取ったりKOで勝ってるんで、僕もやる前は『殺されるな』と思って…。怪物とやるんやろなって思ってたんですけど、意外と善戦して、延長までいったら勝てるかなと思ったりして、自信になりました。思ったよりはイケるんやなと思いましたね。

『K'FESTA』に出られるのは純粋に嬉しかったんですけど、ちょっと文句を言わしてもらってもいいですか? 『K'FESTA.2』のポスターで日本vs世界で、僕は日本人代表じゃないですか。日本人はみんな大きく写ってるのに、僕だけめっちゃ小さいんですよ。ちょっと次はインパクト残して、大きく写してもらえるように頑張ります(苦笑)。

 木村選手との試合はみんな『意外!』って感じでけっこう反響あるんで、しっかり勝ちたいと思います。間違いなくKO決着になると思うんで、期待して見て欲しいなと思います。(2019年はどんな1年にしたい?)僕は去年ベルトを獲れなかったんで、この試合にしっかり勝って、67.5kgでも70kgでもどっちでも大丈夫なんで、とにかくベルトが欲しいですね。チャンスがあればどっちでも良いんで、ベルトを獲りに行きたいと思ってます。3月10日は絶対にKOになると思うんで、見逃さないようにしっかり見といてください。応援よろしくお願いします」

加藤久輝
「2018年はK-1でも自分のトレードマークのKOができて良かったです。試合も3試合やって、寝技がない分、気楽に殴れるし蹴れるし面白いですね。(シナ・カリミアンの印象は?)不気味な感じですね(笑)。まあでも心が強いと思うんで、多分一発じゃ倒れないと思うし、3Rフルで戦う準備はしてます。熱くならないでコツコツ当てていくのが大事ですね。ただ倒れない倒れないってみんなが言うと、逆に倒したいですね。一発しっかり当てれば絶対沈むと思うんで。明日でも全然やれるぐらいの気持ちで準備はできてます。

(さいたまスーパアリーナのメインアリーナで試合をすることはどう思う?)アメリカでは大きい会場でやってるんですけど、国内だと初めてなんでワクワクしてますね。本当に聖地ですね。カリミアン選手はタフな相手だと思うんですけど、90kgでカリミアン選手を倒せるのは僕しかいないと思ってるんで、判定まで行かずに、自分の左拳でしっかり倒したいと思ってます。ベルトを巻くイメージもできてるし、本当に熱い試合になると思うので、皆さんの応援よろしくお願いします」

郷州征宜
「2018年は武尊選手に負けてから連敗して、あまり良い年ではなかったので、今年は良い年にしたいと思っています。(小宮山選手の印象は?)小宮山選手は自分がデビューした時から他の団体のチャンピオンだったし、自分が初めて負けた相手も小宮山選手だったので、今回はぜひともリベンジしたいなと思ってます。自分と同じ難聴の子供たちも、毎試合毎試合会場まできてくれるので、子供たちにカッコイイところを見せたいですね。

(さいたまスーパアリーナのメインアリーナで試合をすることはどう思う?)自分が格闘技に興味を持ったのもK-1ですし、1回辞めて、もう1回キックボクシングをやろうと思ったのもK-1がきっかけでした。そのK-1が昔さいたまスーパアリーナでよく行われていて、その試合を見に行ったこともありました。まさか自分がその会場でできるなんて思ってなかったので、凄く嬉しいですね。(ファンに向けて)自分は耳が聞こえないんですけど、耳が聞こえなくても聞こえる選手と同じようにK-1で活躍できるんだということを、聞こえない子供たちにも証明したいと思いますので、皆さんもぜひ応援よろしくお願いします」

城戸康裕
「K-1でワンマッチでのタイトルマッチは初めてで、ここを獲り逃したら何年も時間かかりそう。そうすると39歳にぐらいになっちゃうんで、ここで獲っとかないとな、と。(K-1のベルトに対する思い入れは?)やっぱりベルトあったら仕事増えそうなんで。今も色々やってますけど、ベルトがあると全然違うんで。多分、ウケるでしょうね。ベルト持ってるヤツがパンツ一丁で歩いてたら面白いじゃないですか。だから面白さのためにベルト獲りますよ。

(『K'FESTA.2』での煽りVTRのネタは?)『K'FESTA』のさいたまスーパーアリーナはでかいじゃないですか。でかい人たちが笑える感じのノリにしましたね。ちっちゃい子が笑えるというか。ゲストがいるのかいないのか、そういうところも今回は重要ですね。(ファンに向けて)3月10日、絶対ベルト獲るぞ~」

覇家斗
「(小澤海斗選手との対戦だが?)前回自分が『K'FESTA.1』に出させてもらった時はプレリミナリーファイトだったんですけど、一年間こうやって色々経験してきて、本戦に出場することができて、相手も知名度も凄く高くて有名な選手で。本当に自分にとってもチャンスですし、お互い連敗している状態で、引退をかけてぐらいの気持ちです。自分も本当にそんな生半可な気持ちではいないんで、本当に今回は色々かけてやっていこうと思ってます。

 周りの反響は自分にというよりは、相手がって感じの反響が多かったですけど、ここは自分にとってオイシイと思うんで、絶対にここは勝ち取ります。(ファンに向けて)自分の名前を覚えてもらえるぐらい絶対インパクト残すんで、覇家斗vs小澤海斗にぜひ注目してください」

金子晃大
「(今回がK-1初参戦だが?)シルバーウルフにもけっこう新しい人が入ってきたんで、充実した感じで練習させてもらってて、凄い調子良いです。(K-1ファンにどんな試合を見せたい?)やっぱK-1一発目で会場も広いんで、めちゃくちゃインパクト残して『コイツやべえな!』ってのを見せられたら良いかなと思ってます。(ファンに向けて)初めてのさいたまなんで、めっちゃ良い試合できるように頑張りたいと思うんで、応援よろしくお願いします」