2019.02.12

 2月11日(月・祝)SHIBUYA109イベントスペースにて「『K'FESTA.2』3.10さいたま大会 サンテンイチゼロK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース」が行われた。

 このイベントは「K'FESTA.2」3.10さいたま大会に向けた無料公開イベントで、出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開。第2部では村越優汰、KANA、林健太、佐々木大蔵が「K'FESTA.2」に向けての意気込みを語った。各選手のコメントは以下の通り。

村越優汰
「2018年はチャンピオンになることができたんですけど、最後に負けちゃったんで。悔しい気持ちがあるんで次に全部ぶつけたいと思います。次はそういうことがないように仕上げているので、最強になった村越優汰を見せれるように頑張ります。(初防衛戦への意気込みは?)やっぱり卜部(弘嵩)選手はずっとK-1のトップ選手で、自分も昔から試合は見させてもらっていて、凄い強い良い選手だなって思ってます。今回は一応自分がチャンピオンで防衛戦って形なんですけど、気持ちは挑戦者の気持ちで行きたいなと思ってます。相手に不足なしって感じですね。

(毎日卜部選手のことを考えている?)頭の中では毎日考えちゃいますね。どんな感じで戦おうかなとか、試合展開だったりとか考えちゃいます。今はシルバーウルフで練習させてもらっていて、自分でも充実して、毎日強くなってるのが実感してるんで、試合するのが楽しみですね。3月10日はかなり気合が入ってます。今回は最強の挑戦者だと思ってるんで、圧倒的に差を見せつけて勝ちたいなと思ってるんで、ぜひ皆さん期待しててください」

KANA
「去年も3月の『K'FESTA.1』が1年の始まりだったんですけど、まあでもやっぱりKOが少なかったですね。4戦4勝だったんですけど、その中でKOが1回しかなかったんで。今年は全部KOを見せたいなと思ってます。(次はヨセフィン・ノットソンとの再戦だが)初めて自分が勝った選手とのダイレクトリマッチなんで、今度は言い訳させないようにバシッと倒します。一番大きな舞台で再戦が決まったんで、今年の最高のスタートを切りたいなと思いますね。

(舞台がでかければでかいほど燃える?)でかければでかいほど燃えるタイプなんですけど、空回りしちゃうタイプです(苦笑)。K-1では2戦して、まだ2戦とも判定なんで、今年はしっかりK-1の舞台でKOしたいと思ってます。(K-1で女子のチャンピオンベルトが欲しい?)ずっとK-1で女子のトーナメントをやりたいという目標を掲げているんで、今年こそK-1に女子のベルトを創って、自分の腰に巻きたいと思ってます。3月10日はしっかり試合で魅せて、KOで勝って次に進みたいと思います」

林健太
「(1年前は『K'FESTA』やタイトルマッチに出場できると想像していた?)『K'FESTA.1』の時はやっている日も知らなくて、Abema TVをつけて気付いたぐらいなんで、まさか自分が出ることになるとは思ってなかったですね。世界最強決定トーナメントはもちろん優勝するつもりで頑張ったんですけど、まさかで自分が優勝する姿が全然想像できてなくて。あのメンバーの中で戦って優勝したのは、めっちゃ自信になりました。ライト級でも自分のパンチはしっかり倒せるパンチなんやなって再確認できたんで。功也くんにも効くんじゃないかなって思って、自信になりました。

(同門の卜部功也とのタイトルマッチだが)まさか戦うことになるとは思ってなかったですね。あるとすればトーナメントで当たるかなぐらいでしたけど、まさかタイトルマッチでやるとは思ってなかったです。やっぱり功也くんは凄いパーフェクトやと思います。(その功也とどう戦う?)まずサウスポーがあんまり得意じゃないっていうのがあるんで、最近は大橋ジムでサウスポーの強い方とやらしてもらったして、ちょっとづつ慣れ始めてます。勝つとしたら拳しかないかなと思ってるんで、ボクシング技術を磨いてます。

 でも今回は倒しに行こうというより、ホンマに勝ちに行こうと思ってるんで、世界チャンピオンになりたいですね。(今年はどんな一年にしたい?)子供たちのために、マジで勝つと凄い喜んでくれて。今までやったら機関車トーマスとかを録画したアニメばっかり見てたんですけど、最近は毎日僕のトーナメントの試合を見ていて、勝った姿を見せられて良かったなと思うんで、3月10日のタイトルマッチはホンマにしっかり勝ちます。格闘家としてパパとしても一番になって、輝く一年にしたいと思います」

佐々木大蔵
「僕は2018年は大ブレイクではなかったです(苦笑)。スーパー・ライト級の王座決定トーナメント決勝でゲーオ選手に負けてしまったんですけど、それがあって2019年はゲーオ選手にリベンジするという物語を作れたかなと思うんで、今年はゲーオに挑戦したいなと思ってます。去年の2敗はタイ人に負けてるんで、今年はタイ人には負けないぞ、と。凄い強敵な二人と対戦できたのは、自分の中で糧になりました。

 瑠輝也選手には僕が所属するKRESTの彼(林健太)と僕の兄貴分である山崎秀晃さんも負けてるんで、リベンジしたい気持ちもあります。でもやっぱり僕が目指しているのはK-1のチャンピオン。ゲーオ選手とまたやってリベンジしたいという気持ちがあるんで、ここはしっかり自分のためにも勝って、ゲーオ選手に挑戦したいなと思ってます。(今年はどんな一年にしたい?)ゲーオ選手ともう1回やりたいです」