2019.01.09

 1月8日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の第2弾対戦カードが発表された。

 プロ戦績7戦7勝と無敗を誇る元Krushバンタム級(-53kg)王者・金子晃大が“K-1平成最後のビッグマッチ”「K'FESTA.2」でK-1初参戦。対戦相手はK-1ジム五反田チームキングスの注目の新星・玖村修平だ。

 金子は第2回K-1アマチュア全日本大会で優勝を果たし、2016年9月にKrushでプロデビュー。無敗のままKrushバンタム級王者・軍司泰斗を下して同王座を獲得すると、昨年10月には隼也ウィラサクレックをKOし、王座初防衛に成功した。12月に王座を返上し、スーパー・バンタム級への転向を発表。今回が待望のK-1デビューとなる。

 一方の玖村は国内キックボクシング団体でタイトルを獲得し、昨年からK-1ジム五反田の一員として、K-1 JAPAN GROUPで2連勝。12月のK-1大阪大会でK-1デビューを果たすも、偶発性のバッティングによる負傷で無念のノーコンテストに終わり、今回が仕切り直しのK-1参戦となった。

 両者が戦うK-1スーパー・バンタム級では王者・武居由樹が圧倒的な強さを見せている。会見では金子・玖村ともに打倒・武居をアピールした。

金子晃大
「K-1初参戦なんですけど、やることはKrushでもK-1でも変わらないと思うんで、どんな相手と試合が組まれてもKOで倒したいと思います。(玖村の印象は?)試合が決まってから映像を見たんですけど、僕的には正直そんなに強い選手とは思えないんで。倒して勝って、魅せられればいいかなって思ってます。やるからに-55kg(スーパー・バンタム級)のベルトを獲りたいんで、武居選手にもしっかり勝てるように頑張ります。

(スーパー・バンタム級転向に向けて取り組んでることは?)この前の防衛戦の時に(減量が)めっちゃきつかったんで、ちょうど良いかなって思ってます。特にそんな変わったことはしてないです。(武居のことはどう見ている?)見る限りスーパー・バンタム級で一番強いと思います。あとは評判も良いんで、その選手を倒せばみんなに分かりやすいかなと思います」

玖村修平
「まずK'FESTAという大きな舞台で試合を出来ることに感謝しています。僕が上京する決め手にもなって、Krushのスーパー・バンタム級トーナメントも諦めて、全てをかけて臨んだ試合が前回のK-1大阪大会でした。その試合がバッティングでノーコンテストという形で終わってしまって、すごく悔しかったです。でもさらに大きな舞台で、Krushバンタム級の元チャンピオンの金子選手と試合が決まって、僕にとって最大のチャンスが来たなって感じです。ここをしっかり全力で倒しにいって、金子選手の無敗記録を終わらせます。

(金子の印象は?)金子選手は-53kgだったんですけど、見ていて体が大きかったんで、すぐに階級を上げてくるだろうなと思って意識してました。スピード・パワー・テクニックが全て揃ったすごい選手だと思います、でも穴がないわけではないので、そこを突いて、しっかり倒したいと思います。

 実は僕と金子選手は同い年で、武居選手も同い年です(※玖村は1996年9月、金子は1997年1月生まれ、武居は1996年7月)Krush・K-1ともにスーパー・バンタム級は若い選手が多いですけど、僕たち世代で盛り上げて、この試合が武居選手への挑戦者決定戦になれば良いなって思ってます。

(武居のことはどう見ている?)武居選手はテクニックも全て持っている凄い選手だと思います。でも前回の大阪大会の試合を見ていて、少し穴が見えました。そこも次に向けて対策して、まずは金子選手を全力で倒しに行きます。(金子の『強い選手とは思わない』というコメントを聞いてどう思う?)正直、まだK-1 JAPAN GROUPで強さを見せられていないですが、K-1ルールの試合に慣れてきたんで『まあ見てろよ』って感じです」

 打倒・武居に燃える二人の激突。金子がこのまま無敗街道を突っ走るのか? それとも玖村が金子に初黒星をつけて更なる飛躍につなげるか?