2018.12.07

 12月7日(金)大阪・ホテルグランヴィア大阪にて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」12月8日(土) エディオンアリーナ大阪(第1競技場)の前日計量・記者会見が行われた。
 
 第11試合のスーパーファイトでは第2代K-1スーパー・ライト級王者・野杁正明が今大会からウェルター級に本格参戦。2階級制覇を視野に入れ、現K-1ウェルター級王者・久保優太と同門の松岡力と激突する。

 会見では野杁が「いつも通り減量がきつくて声が中々出ないですが、ウェルター級に上げて成長が凄いんで、明日は完璧な試合をして勝ちたいと思います」と完勝宣言。「この試合は本当に通過点だと思ってるんで、難なく乗り越えて2階級制覇を成し遂げたい」と松岡を通過点扱いし「ただ単に倒すだけじゃなくて、何もさせず完封して勝ちたい。(AbemaTVボーナスについて)1Rで倒して賞金を稼いで家族で良い年越しをします」と圧勝劇を予告した。

 自信をみなぎらせる野杁に対して、松岡は人を食ったようなコメントを連発。冒頭の挨拶で「計量が終わってご飯食べたらちょっと眠たくなったんで、ウトウトしてるかもしれないですけど勘弁してください」と挨拶すると、さらに「今回の試合に向けて、いつもより腹筋多めにしてきました」と続ける。

 野杁に“通過点”扱いされたことについても「すいません、聞いてませんでした」と軽く受け流し「野杁くんは倒して勝つと言ってたんで、僕は倒されないように頑張ります。(AbemaTVボーナスについて)倒したいですけど、野杁くんはガードが堅いんで」と飄々と語って会見を終えた。

 野杁が宣言通りの完封劇で二階級制覇に前進するか? それとも松岡が自分のペースに持ち込んで番狂わせを起こすか?