2018.12.06

 12月6日(木)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]でK-1スーパー・バンタム級王者・武居由樹と対戦するヨーブアデーン・フェアテックスが公開練習を行った。

 ヨーブアデーンはムエタイの二大殿堂と言われるラジャダムナンスタジアムのミニフライ級王座を獲得。現在は120ポンド(約54.4kg)まで階級を上げて、ムエタイのトップ選手として活躍を続けている強豪ムエタイ戦士だ。「K-1への出場が決まって少し緊張したけど、今はもう武居と戦うための準備が100%できている」と語ったヨーブアデーン。

 今回はムエタイで認められているヒジ打ち・組んでからの攻撃が禁止されたK-1ルールでの試合となるが「自分はパンチと蹴り主体の選手だからK-1ルールで戦ううえで問題はない」。公開練習では2分1Rのミット打ち・サンドバックで鋭いワンツー・ミドルキックを繰り出すと「自分の得意技は蹴り。今まで蹴り技でたくさん相手を倒してきたよ」と蹴りでのKOを予告した。

 対戦相手の武居はK-1スーパー・バンタム級で圧倒的な強さを見せているが「武居を特別な相手だとは思わない。彼は僕をKOできないと思うよ」とニヤリ。「一切手を抜くことはしないし、どんな形でもいいから勝ちにいく。スーパーファイトで武居に勝って、次はタイトルマッチをやりたいと思う」とK-1での王座挑戦を見据えた。