2018.12.06

 12月6日(木)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R]で恭士郎と対戦するインディゴ・ボイドが公開練習を行った。

 ボイドはオセアニア地区を中心に活躍するムエタイ系ファイターで、これまでオーストラリアの国内タイトルやムエタイルールのタイトルを含めて合計5つのベルトを巻いてきた。今回のK-1参戦が決まると「自分自身K-1を見て育ってきたから、オファーを受けた時は本当に興奮した」と言い「今までにないぐらい練習してきたし、最高の状態で日本に来ることが出来たと思う」と万全の状態に仕上がっている。

 試合の多くをムエタイルールで行ってきたボイドだが公開練習ではコンパクトでシャープなパンチのコンビネーションを披露。「自分はスピードと爆発力が持ち味だからムエタイよりもK-1ルールの方が向いていると思う。自分はジャンプしながら打つパンチ=スーパーマンパンチが得意で、エキサイティングな試合を見せられると思う」とK-1ルールでの戦いに自信をのぞかせた。

 トーナメント一回戦で対戦する恭士郎については「タフで前に出続けてプレッシャーを与える印象がある。自分としてはガンガン来る対戦相手の方が自分も良さも出るし、いい試合になると思うよ」とボイド。「決勝ではゴンナパー・ウィラサクレックと戦いたい」とゴンナパーとの対戦を希望する。K-1で試合をするうえでの目標を聞くと「自分のファイトスタイルを日本のファンのみんなに受け入れてもらえることが目標だ。今後も日本で戦い続けるためにも、日本のファンに自分の戦い方を気に入ってもらいたい。次のトーナメントでもエキサイティングな試合をして、また日本に戻ってくるよ!」と日本での活躍を誓った。