2018.12.06

 12月6日(木)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R]で林健太と対戦するニコラス・ギャフィーが公開練習を行った。

 K-1初参戦となるギャフィーは22歳にして50戦以上のキャリアを誇るスペインの若き実力者。パンチ主体の突貫ファイトが特徴的で、今回のトーナメント参戦が決まると「誰も俺のことを捕まえることはできない。ファイティングスピリットでも誰にも負けない」というコメントを寄せていた。この日の公開練習でも回転の速いパンチ・ロー、ヒザ蹴りを繰り出すと「子供の頃からK-1の試合を見ていて、ずっとK-1に憧れていた。だからK-1で試合が決まって本当に幸せだよ。体調もすごく良いし、最高に仕上がっている」と語った。

 一回戦で対戦する林について話を聞くと「特に印象はないね。俺は対戦相手の研究はしないし、その時の状況によってどう戦うかを考えるだけだ」と言い切るギャフィー。「林はパンチが強い? 今まで俺はパンチ力がある選手たちとたくさん戦ってきたから何も問題はない。トーナメントで意識するような特別な相手はいないし、俺は優勝に向けて全力で戦うだけだ」と豪快に言い放つ。

 さらにファンへのメッセージを求めると「俺のファイトスタイルはパンチをガンガン出して前進する。スピードを生かして動くスタイルだ。日本のファンにはそこを見てほしい。みんなが感動するような試合を見せるし、このトーナメントはグレートなトーナメントになるだろう」と激闘を予告した。