2018.12.06

 12月6日(木)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」の[K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]でKrushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックと対戦するKrushスーパー・ライト級王者・篠原悠人が公開練習を行った。

 プロデビュー以来、スーパー・ライト級(-65kg)で試合を続け、今年8月にはKrushスーパー・ライト級王座に就いた篠原。今回は一階級下のライト級(-62.5kg)でトーナメントに出場することになり「いつもより2.5kg下の体重なんでちょっと減量がキツイです」と言うものの「かなり上手く調整できているかなと思います。スーパー・ライト級の頃は計量が終わってほとんどリカバリーがなかったんですけど、今回はしっかりリカバリーできるので試合が楽しみですね」と減量・調整は順調な様子。公開練習では1分1Rのシャドーボクシングと2分1Rのサンドバック打ちを披露し「動いた感触は身体も軽い感じがしている」という言葉通りの軽快な動きを見せた。

 篠原はトーナメント一回戦で優勝候補筆頭のゴンナパーと激突。下馬評ではゴンナパー有利の声が多い一戦だが、篠原自身は「ゴンナパー選手には自分の得意なカウンターが当たる。僕の中では全然勝てると思う」と打倒ゴンナパーに自信をのぞかせ「一回戦を勝てばその勢いでいける」とトーナメント優勝の青写真を描いた。

「練習そのものはいつもと変わらずです。ゴンナパー選手はフルスイングで来ると思うけど、僕はカウンターが得意なんで、僕のカウンターが当たれば倒せるかなと思って練習しています。今までスーパー・ライト級でやったきた相手もゴリゴリでパワーがある選手が多かったので、そこまで(ゴンナパーのパワーは)気にしていないです。ゴンナパー選手は強いのは強いし、下馬評では僕が負けるという予想が多いと思うけど、僕の中では全然勝てるかなと思っています。(トーナメントの勝ち上がりについては?)一回戦を勝てばその勢いでいけるかなって感じです。誰が来ても行けるように準備しています」

 当初、このトーナメントにはK-1ライト級王者の卜部功也も出場を予定していたが怪我により欠場。篠原は「功也選手とはノーダメージの状態でやりたかったので、このトーナメントで優勝してタイトルマッチでやらせてもらえたらなと思います」とトーナメント優勝を引っ提げて功也の持つK-1ライト級王座に挑戦するつもりだ。

 最後に「今回はK-1大阪大会でいつもより全然応援に来てくれる人の数も多い。負けられないし、勝つ姿を見せたいし、一回戦からKOでいきたいです。僕が一回戦でゴンナパーをKOすれば、それで会場が盛り上がると思うので、その勢いで優勝します」とファンにメッセージを送った篠原。一回戦でゴンナパーを宣言通りのカウンターでマットに沈め、トーナメントの頂点に立つことが出来るか?