2018.12.04

 12月4日(土)東京・足立区のTANG TANG FIGHT CLUBにて、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R]でリュウ・ウェイと対戦する大沢文也が公開練習を行った。

 今回のライト級世界最強決定トーナメントがプロとして初の1日3試合のワンデートーナメントになる大沢。今回は技術練習をほとんどやらず「トーナメントのために体力的な練習をめちゃくちゃやって、走り込み中心で心肺機能をあげてきました」と体力強化を中心に取り組んできた。

 大沢は約1年前から心肺&フィジカルトレーニングを始め「試合で全く疲れなくなったし、パワーもついてきた」。昨年末にスーパー・フェザー級(-60kg)からライト級(-62.5kg)に階級を上げた大沢だが、試合でフィジカル・体力負けすることはなく「それは絶対にトレーニングのおかげです」と成長を感じている。この日は試合直前のために軽めのミット打ちが中心の公開練習だったが、トーナメントに向けた仕上がりは万全だ。

 一回戦で対戦するリュウ・ウェイは中国・英雄伝説で活躍する長身&サウスポーのファイター。大沢にリュウの印象を聞くと「俺は長身が苦手、サウスポーが苦手。最初に相手を聞いた時にふざけんなよ!と思った」と本音をもらしつつ「自分で言っちゃいますけど一回戦を勝ったら優勝できる」と一回戦が最大の難関だと位置づけた。
「俺は長身が苦手、サウスポーが苦手。最初に相手を聞いた時にふざけんなよ!と思いました(苦笑)。でもトーナメントは優勝しなかったら準優勝も一回戦負けも同じ。どうせ優勝するためにやらないといけない相手だったら、一回戦でやれてよかったです。もう自分で言っちゃいますけど…一回戦勝てば優勝できます。逆ブロックは篠原悠人vsゴンナパーの結果と内容次第だと思うけど、どうなるにせよ準決勝が削り合い・つぶし合いになると思うんですよね。だから一回戦を勝てば、そのまま優勝できると思ってます」

 当初、このトーナメントにはK-1ライト級王者の卜部功也も出場を予定していたが怪我により欠場。功也との対戦を熱望していた大沢も「最初に欠場の話を聞いた時は『えっ?』と思った」とショックを受けたが「しばらくして、これは格闘家としてよくないのかもしれないけど、これで優勝する可能性が上がったと思った」と打ち明ける。

 さらに「ここで優勝すれば自ずと功也選手と戦うことになると思う。どうせやるならお互いノーダメージでやりたいし、今功也選手とやっても勝てないと思うけど、このトーナメントで一気に進化すれば勝てる確率も上がる。このトーナメントは僕を強くしてくれるトーナメントで、僕はこのトーナメントで優勝して功也選手に挑戦状を叩きつけます。トーナメントで優勝して功也選手とタイトルマッチをやる。もうそれしかないと思っています」とトーナメント優勝からの王座挑戦の野望を語った。

 最後に大沢は「みんな僕のパンチに期待していると思うけど、実は蹴りも強いんですよ。だから今回は蹴りも見てほしいですね」とファンにメッセージ。持てる武器すべてを使って大沢がトーナメント優勝を目指す!