2018.11.04

 11月4日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」11.3さいたま大会の一夜明け会見が行われた。

 クルーザー級のスーパーファイトでRUIを左ストレート一撃でマットに沈めた加藤久輝。一夜明け会見では「足を潰してから後半でパンチの作戦でした。思ったより距離が近くてパンチを出したら倒れた」とフィニッシュシーンを振り返る。

 試合直後に王者シナ・カリミアンへの挑戦をアピールした加藤は「もともと左には自信がある。193㎝(RUI)にもパンチは届くし、僕のパンチだったらカリミアンにも届く」と打倒カリミアンに自信をのぞかせた。

加藤久輝
「前半は(ローで)足を潰してから後半でパンチの作戦でした。思ったより距離が近くてパンチを出したら倒れたという感じですね。(試合時間が短くて物足りなかった?)次はチャンピオン(シナ・カリミアン)とやると思っていて、RUI選手はカリミアンと同じ身長が高い選手だったので、フルラウンドやりたかったですね。

(KOした左のパンチについては?)もともと左には自信がある。193㎝(RUI)にもパンチは届くし、僕のパンチだったらカリミアンにも届くと思います。(カリミアン対策は?)研究まで行ってないけど、試合は見ています。トーナメントの試合を見ても、背は大きいけどパンチは伸びない。でもタフでやりづらい。そんな印象があります。(カリミアンも左で倒したい?)勝つんだったら何でもいいです(笑)」

 

選手登録