2018.09.21

 9月21日(金)東京・新宿区にあるK-1ジム総本部にて、9月24日(月・休)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」の[初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R]で上原誠と対戦するブバッカ・エル・バクーリが公開練習を行った。

 当初、上原誠と対戦を予定していたマシニッサ・ハマイリが欠場となったため、急きょトーナメントへの出場が決まったバクーリ。K-1参戦のオファーを受けた時の心境を「小さい頃からK-1を見ていて、K-1が大好きだった。ピーター・アーツやバダ・ハリが憧れの存在で、そんなK-1のリングに立つチャンスをもらえて本当にうれしい」と打ち明ける。

 バクーリはモロッコ出身・オランダ在住のファイターで、これまでの戦績は42戦34勝(18KO)8敗。荒々しいファイトスタイルが特徴的で、特に右フックには絶対の自信を持っている。公開練習でも自慢の右フックを絡めたパンチのコンビネーションを打ち込み「このトーナメントのために厳しいトレーニングを積んできたから、コンディションも万全だ。日本のファンには俺のKOできるパワーを見せる。KOで対戦相手をすべて破壊したい」と不敵な笑みを浮かべた。

 トーナメント・一回戦で“日本重量級のエース”上原誠と対戦することになったが「彼は強くてタフなファイターだけど、俺も彼と同じように強い。それどころか彼よりも若いし、俺の方が勝ちに飢えている」とキッパリ。上原が「このトーナメントで優勝できなかったら引退する」と発言していることを伝え聞くと「じゃあ俺と試合が終わった時点で引退だな」と上原の格闘技人生にピリオドを打つつもりだ。

「今の俺の夢はK-1チャンピオンになること。ただそれだけだ。先のことはすべてK-1でベルトを獲ってから考える」とバクーリ。自慢の豪腕でトーナメントを制し、夢のK-1王者になることが出来るか?