2018.08.09

 8月9日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、9月24日(月・休)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」の第3弾対戦カードが発表された。

 今大会のプレリミナリーファイトとして東本央貴vs瓦田脩二(K-1ライト級)、小倉尚也vsリョウタ(K-1スーパー・バンタム級)の2試合が決定した。兵庫県出身の東本は2016年11月以来、2度目のプレリミナリーファイト参戦。今年は12月のK-1大阪大会への出場を目標に掲げて試合を続け、会見に出席したK-1宮田充プロデューサー曰く「ここで凄い試合をやってみろという気持ちでマッチメークしました」。

 対する瓦田はプロ戦績5戦5勝(3KO)のK-1ジム総本部チームペガサスのホープ。7月のKrush後楽園大会で中野滉太との無敗対決を制して、今回のK-1初参戦が決まった。会見では「どっちみち倒して勝つ。カッコよく散るかカッコ悪く散るかを決めてもらいたい」(東本)、「殺気を持って倒しに行く。大阪大会には行かせない」(瓦田)と対抗意識をむき出しにした。

東本央貴
「大阪のK-1も目指しているけど、今回のK-1に出られるのもうれしいです。(宮田Pから)『やってみろ』と言われたんで『やったるわ』という感じで気合いが入りました。(瓦田の印象は?)自分の後輩と試合をした時にセコンドについたんですけど、めちゃ逃げ回って大して沸かん試合をしていた印象です。今回も逃げ回ってもらって大丈夫なんですけど、どっちみち僕が倒すんでカッコよく散るかカッコ悪く散るかを決めてもらいたいです。(大阪大会に向けて)倒すんは大前提。沸く試合をしないと選んでくれへんやろなと思うので、宮田さんにもお客さんにもアピールして、あいつは良かったという試合をしたいです。5月のKHAOSは何とか倒して勝ったんですけど、次はどうや?と課題を出された感じなので、しっかり倒します」

瓦田脩二
「相手はトップ選手ですけど自分の持ち味を出して戦えば勝てると思うし、殺気を持って倒しに行きます。(東本の印象は?)自分よりもキャリアも実力もあると思うんですけど、勢いと戦術でKOを見せられると思います。(東本を)大阪大会には行かせません。(東本の逃げ回っている発言に対して)あれは逃げ回っていたわけじゃなくて作戦のうち。あれはあれでいい試合だったかなと思うし、その経験も活かして倒しに行くので見ててくれたらと思います。今回は次のステージに上がれるかどうかの試合なので倒して勝ちます」

 もう一つのプレリミナリーファイトはK-1初参戦の小倉と2年ぶりのK-1参戦となるリョウタの一戦。小倉はKrush・KHAOSで活躍する激闘派で、宮田プロデューサーは「勝っても負けても気持ちいい試合をする選手。大きい舞台に出てもらいたいと思っていた」。一方のリョウタも「ガッツのある戦いを見せてくれる選手」(宮田プロデューサー)で好勝負が期待される一戦だ。

小倉尚也
「Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントのメンバーから外れて、悔しい想いをしていた時に話をいただいて、気持ちも戻ってきました。でもまだ悔しい気持ちがあるので、その悔しい気持ちを忘れずにワンランク上の試合をしたいと思います。僕の成長に期待してください。(対戦相手の印象は?)サウスポーで蹴り中心で来ると思います。テクニックがあるので、逃げられてつまらない試合にならないように自分が盛り上げたいと思います。(K-1初参戦について)すごくうれしいです。僕が格闘技を始めたきっかけが武尊さんの試合で、同じ日に試合できることがうれしいです。僕は誰とやっても盛り上がる自信があります。多少鼻血が出ても前に出るので見ていてほしいです」

リョウタ
「7月にK-1 JAPAN GROUPから中国遠征の試合に出させてもらって、また試合を決めていただき、ありがとうございます。しっかり倒す試合を見せていきますので、よろしくお願いします。対戦相手は組み立てが上手い選手ですが、自分も負けないくらい組み立てて倒します。前回の中国遠征では結果がダメ(判定負け)だったんですけど、こうして次が決まったので結果を出さないといけないと思っています」

 

選手登録