2018.03.23

 3月22日(木)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」の一夜明け会見が行われた。

 記念すべき新生K-1初の女子ファイトでポリナ・ペトゥホーヴァから勝利を収めたKrush女子王者のKANA。一夜明け会見ではKO勝ち出来なかったことに悔しさをにじませつつ「自分としてはK-1の世界のベルトも欲しいんで、K-1で女子の世界トーナメントをやりたい」と夢を語った。

「昨日は初めてのK-1の舞台で、大観衆の中で試合が出来て本当に気持ち良かったです。試合内容としてはダウンは1回取れたんですけど倒しきれなくて、絶対に倒して勝ちたかったので本当に悔しさが残った1戦でした。

(対戦相手の印象は?)前日計量の時も体が大きく感じて。実際に拳を合わせてみてもめちゃめちゃタフで、凄い良い選手だなと思いました。(倒しきれなかった要因は?)ハイキックもしっかり当たって倒れて、ボディとかローも効いてたんですけど全然倒れてくれないんで、むきになって倒しに行こうとしてしまって少し空回りしてしまいましたね。(試合後にすぐに首を捻っていたがどんな心境だった?)本当に倒したかった、それだけですね。

(今後の女子K-1をどうしていきたい?)自分としてはK-1の世界のベルトも欲しいんで、女子の世界トーナメントをやりたいですね。そのためにもどんどん自分が強くなって世界からも注目される選手にならなければいけないし、逆に日本人の女子の選手もどんどんKrushやK-1の舞台を目指して上がってきてほしいですね。

(さいたまスーパーアリーナで戦った感想は?)始まる前にリングを見た時は、こんなところで試合が出来るのかなというぐらいあがっちゃったんですけど、いざ始まってみると本当に相手だけに集中できて、本当に沢山のお客さんが見えて、気持ち良く最高の場所で試合が出来ました。

(KANA選手も陸上出身だが、アスリートにもK-1に挑戦して欲しい?)K-1を見ている人は格闘技だけやってるわけじゃないと思うんで、自分も野球や陸上をやってきて、大学を卒業してからキックボクシングを始めたので。やればやるだけ絶対に強くなれるし、どんな可能性もあると思うので、このK-1の舞台を目指して女子の選手にどんどん上がってきて欲しいと思います」

 

選手登録