2018.03.23

 3月22日(木)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」の一夜明け会見が行われた。

 登坂匠とのスピーディな打ち合いを制した軍司泰斗。試合ではボクシング出身の登坂とパンチで打ち合い、ハイキックで登坂をぐらつかせるなど完勝と言える内容だったが、試合前に交通事故に遭っていたことを告白。同階級の王者・武居由樹については「どんどん強くなっているなと思いました。僕も武居選手に追いついて追い越したい」と対抗心を燃やした。

「試合前に怪我をしてしまって、自分の出来る最大限の力を出して勝ててよかったと思います。(どこを怪我していた?)3週間前にバイクで事故ってしまって、右膝とわき腹を4針ずつ縫って、左手の親指も骨折してしまいました。自分の不注意の事故だったんですけど、試合には絶対に出ようと思いました。(練習は)最後の一週間だけ追い込んで、減量もめちゃくちゃキツかったですけど試合が出来てよかったです。

(かなり打ち合っていたが?)登坂選手はパンチの選手でパンチで来ると思っていました。僕もパンチで打ち合おうと思ったんですけど、体力的に不安もあって(セコンドの梶原龍児さんから)『様子を見ろ』と言われました。そこで右は蹴れなかったんですけど、左を蹴って、パンチだけじゃ勝てないと思って蹴りも混ぜて戦いました。(解説の魔裟斗さんにかなり褒められていたが?)うれしいのもありますし、それを鵜呑みにせずに天狗にならずに次も練習して最高の形で練習してKOできるように練習したいです。

(さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで戦った感想は?)デカい会場でたくさん人もいて、花道を歩いていても気持ち良かったです。(チャンピオンの武居選手の防衛戦を見た感想は?)強い選手ですし、どんどん強くなっているなと思いました。僕も武居選手に追いついて追い越したいと思います」

 

選手登録