2018.03.22

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)にて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K'FESTA.1~」が開催された。

“新生K-1史上最大のビッグイベント”と銘打たれた今大会。第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに加え、6大タイトルマッチ、そして豪華スーパーファイトとビッグイベントの名に相応しいラインナップとなった。

 過酷なワンデートーナメントの頂点に立ったのは“K-1の新カリスマ”武尊。一回戦でスタウロス・エグザコスティディスとのスリリングな打ち合いを制すと、準決勝ではKrush-60kg王者・郷州征宜にKO勝利。決勝でも小宮山工介から3ノックダウンを奪ってKO勝利し、スーパー・バンタム級、フェザー級に続く前人未到の3階級制覇を成し遂げた。

 6大タイトルマッチではスーパー・バンタム級王者・武居由樹、スーパー・ライト級王者・野杁正明、ウェルター級王者・久保優太、スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフがそれぞれ初防衛に成功。ライト級では卜部功也が王者ウェイ・ルイをKOし、ヘビー級ではロエル・マナートが王者アントニオ・プラチバットを判定で下し、新王座に就いた。

 またスーパーファイトでは平本蓮が前スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックから日本人として初のKO勝利を収め、大きなインパクトを残した。

☆全試合レポート・写真・バックステージコメント
https://www.k-1.co.jp/k-1wgp/result/156/