2018.03.20

 3月20日(火)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 スーパーファイト会見の第2部には戦前から打ち合いを宣言している木村"フィリップ"ミノルと平山迅、ウェルター級転向2戦目となる城戸康裕とイッサム・チャディッド、そして“ムエタイ新最強伝説”ゲーオ・ウィラサクレックに挑む平本蓮がそれぞれ登壇した。

 フォトセッションでもフェイス・トゥ・フェイスで向かい合った木村と平山は「明日に向けてワクワクしている」と呼応。城戸はいつものように会場に笑いを巻き起こすと、チャディッドは「彼はサーカスのピエロ」と一蹴。ゲーオとの大一番を明日に控える平本は「明日が終わってら死んでもいい。そのくらいの気持ちで完全燃焼します」と熱く語った。各選手のコメントは以下の通り。

木村"フィリップ"ミノル
「自分自身めちゃくちゃ良い仕上がりなんで、自分でもワクワクする仕上がりです。明日は思う存分、戦いを楽しみたいです。それだけです。(フェイス・トゥ・フェイスで睨み合った感想は?)平山選手は自分と殴り合ってくれると言っていてうれしいですよ。自分はいつも打ち合いを避けられて、どちらかと言うと、どうやって自分のスタイルにはめて打ち合おって勝とうか?を考えてきたんで。だから僕と打ち合うと言ってくれるのはうれしいです。そこはリスペクトです。僕の過去の試合を見て、それでも打ち合って倒してやると言ってくれているわけだから、こっちも全力で仕上げてきました。それで睨まれたらワクワクするし、ありがたいですよ。目の前にいると笑顔になっちゃいますよ」

平山迅
「明日のために肉体的にも精神的にもしっかり追い込んできました。自分自身、ワクワクしているんで期待していてください。自分は地方から出てきて、10代から魔裟斗さんに憧れてやってきました。今までやってきたことを見せられるという部分でもワクワクしています。相手が木村君なんで(パンチで殴り合う)ボクシングになるんちゃうかなって思います」

城戸康裕
「好調か好調じゃないかでいうと、もし不調でも好調と言うしかないでしょう(笑)。公開練習で担々麺も作ったし、そういうのもこなして体重を落としました。明日は煽り映像もあるので楽しみにしていてください。初めてファスティングを丸3日間やって、体重がストン!と落ちました。だから…他のみんなはやらないでねっていう(笑)。前回よりも全然調子がいいです」

イッサム・チャディッド
「とてもコンディションは良くて、明日のために仕上げてきた。明日は試合を楽しみたいと思う。私は以前、スペインのマジョルカで城戸に会ったことがあるが、その時はもっと礼儀正しい人間だったと思う。それが今ではサーカスのピエロのようになってしまった(苦笑)。明日はその首をへし折ってやる」

ゲーオ・ウィラサクレック
「計量が終わって気分はいいです。明日は問題ないです。全力で戦います。みなさん会場で会いましょう。(平本の「明日が終わったら死んでもいい」発言について)自分も全力で仕上げてきたし、対策も練ってきました。明日はKOで勝ちます」

平本蓮
「明日のために今まで格闘技をやってきたんだなと思っています。明日はリングで世界最強の男がいるので、明日が終わったら死んでしまってもいいと思っています。完全燃焼します。(ゲーオが余裕のコメントを連発しているが?)それが普通だと思うので 舐められているとも思わないです。僕はゲーオが一番強いと思うし、ファイターはリングに上がったら勝つ可能性のある・なしに関係なく、戦うだけです。言葉では表せられないので、明日の試合を見ていただけたらなと思います」

 

選手登録