2018.03.19

 3月19日(月)東京・新宿区にあるGENスポーツパレスにて、3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で城戸康裕と対戦するイッサム・チャディッドが公開練習を行った。
 今回がK-1初参戦となるチャディッドは「K-1からオファーを受けて驚いたし、本当にうれしかったよ」と挨拶。「日本に来てずっといい体調をキープしている」と公開練習では軽快なパンチとミドル・ヒザ蹴りを繰り出していった。

 28戦27勝(25KO)という圧倒的な勝率を誇るチャディッドだが「自分は特別なことをやっているつもりはないよ。試合のために準備、そして試合に向かう気持ちのおかげで勝利を積み重ねてこれたと思う」と謙虚に語る。

 事前のインタビューでは城戸がスペインで試合をした際、チャディッドが入場時にグローブタッチしたというエピソードがあかされていたが、実は城戸の写真撮影会に友達と一緒に参加したとのこと。

「スペインのマジョルカでK-1MAXの大会があって、その時に城戸が撮影会をやったんだ。だから友達を誘って撮影会に参加して、城戸と一緒に写真を撮ってもらったよ。まさかそんな選手と日本のK-1で戦うことになるとは思わなかったよ」と笑いながら語った。

 しかしそのすぐあとに「しかも僕が勝つことになるんだからね」と付け加えたチャディッド。「城戸は経験豊富で他の選手とは違うスタイルを持っている。リングは戦場だから、自分は戦場に乗り込むつもりで戦う。そこで彼と真正面から戦いたいし、彼にも同じ気持ちで来てほしい」と城戸との正面衝突を希望した。

 

選手登録