2017.12.28

 12月28日(木)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では実績・キャリアで勝る山崎陽一に挑み、鮮やかな飛びヒザ蹴りでKO勝利を収めた和島大海。これで戦績を8戦7勝(6KO)1敗とし、2018年はスーパー・ウェルター級のトップ戦線に絡んでいくこと間違いなしだ。

 和島自身「判定までいくかなと思ってスタミナが心配やったんですけど、3RにKOできて自信がつきました」と昨日のKO勝利で手応えを感じ「スーパー・ウェルター級は外国人が強くて日本人があまり勝てていないですけど、その階級でも通用するように頑張りたい」と更なる飛躍を誓った。

「昨日の試合は絶対に判定まで行くかと思ってスタミナも心配だったんですけど、3RでKOできて自信がつきました。(勝因は?)1Rからずっとローを狙っていて、それが後半に効いてきたのかと思います。どんどん蹴っていこうという作戦だったので、蹴り続けていてよかったと思います。自分ではあまり足が効いているのか分からなくて、山崎選手はその辺がベテランだなと思います。ただセコンドの人が『蹴りで行け』と言っていたので、蹴っていってよかったです。

 山崎選手は去年大阪の試合で相手選手のセコンドに入っていて、その試合の後に『自分もKrushで試合をしたいので、いつか当たると思うので頑張ります』という風に伝えました。その時はまだプロ3戦目とかだったので、こんなに早く試合できるとは思っていなかったので、その山崎選手を超えられて嬉しく思っています。

(年末年始の予定は?)今年で大学も卒業なので旅行とか行きたいと思います。行き先もあまり決まってないんですけど。ちなみに就活はしていないので、卒業後は格闘技を頑張りたいと思います。行けるところまでは頑張ってみたいと思います。

(2018年の目標は?)もっと強い選手に挑戦して、KOの記録を伸ばしていきたいと思います。スーパー・ウェルター級は外国人が強くて日本人があまり勝てていないですけど、その階級でも通用するように頑張りたいです。まだ外国人はやったことないので、想像がつきませんが、頑張れば行けるんじゃないかと思います。2018年ももっと頑張っていきたいと思うので、KOできるようにしっかり練習します」

 

選手登録