2017.12.28

 12月28日(木)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第一試合で鈴木勇人と対戦した篠原悠人。2Rにローブローで大きなダメージを負うアクシデントがあったものの、「気合いだけで戦った」という言葉通り、最後まで集中力を切らすことなく戦い続け、判定2-1で勝利をもぎとった。一夜明け会見では鈴木との一戦を振り返りつつ、2018年の目標として「まだトップ選手とはやっていないので、K-1で活躍しているトップ選手とやっていきたい」と更なる強豪との対戦を希望した。

「1Rは動きが硬くて、2Rになって動けてきたかなっていう時にローブローをもらって、あんなに効いたローブローをもらったのは初めてでした。足にも力が入らなくて。でも応援してくれる人の声を聞いてやらなくてはと思って、それで戦えました。3Rも記憶がなくてなんとか戦いましたが、第1試合の仕事ができなくて悔しかったし、KOで勝ちたかったです。昨日は課題が残る試合でしたが、それも経験なので、これを糧に2018年、もっと強くなった姿を見せられればと思います。

(ローブローの状況は?)セコンドの人にはよく立ったなと言われました。試合を見返してパンチで見せ場はいくつか見せられましたが、そこも経験かもしれません。相手は左ミドルが多い選手で、それをよけて(パンチを)打つのが戦略でしたが、結構左ミドルをもらってしまったので、そこも課題かもしれません。(試合後に足を引きずっていたのは)足に力が入らくて、蹴った足も痛めてしまってその影響です。

(来年の目標は?)今後はまだトップ選手とやっていないので、K-1のトップ選手とやっていけたら嬉しいです。(課題は)昨日は蹴りのタイプのサウスポーで、他にも色んなタイプの選手がいると思うので、どんな選手にも対応できるよう練習を強化していきたいです。
 今年は8月から3戦して、コンスタントに試合だったので、(正月は)温泉でも行こうと思ってます。昨日はKOできませんでしたが、来年はもっと強くなった姿を見せたいと思うのでよろしくお願いします」

 

選手登録