2017.04.26

 4月26日(水)東京・GSPメディアセンターにて、6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」の追加対戦カードが発表された。

 2月の初代ライト級王座決定トーナメントで準優勝を果たした平本蓮がスーパー・ライト級に階級を上げて参戦。かつてK-1MAXで活躍したアルトゥール・キシェンコが推薦するロシア人ファイターのウマル・パスハエフと対戦することとなった。

 ウマルは今大会で武尊と対戦するブバイサ・パスハエフの実兄で、武尊&平本がキシェンコ推薦選手のパスハエフ兄弟を迎え撃つスーパーファイトが並ぶことになる。会見の冒頭では平本が意気込みを語るり、主催者を通してウマル、そしてキシェンコのコメントも発表された。

平本蓮
「今回から階級を上げることになりましたが、スーパー・ライト級が今の自分にとってベストの階級だと思っています。前回の試合前は減量のための練習になっていたので、今回はより一層試合のための練習と強くなるための練習が直前までできると思います。

 2月よりもっと強い自分になって試合が出来ると思うので楽しみです。また僕にとってはトーナメントで1日3試合やった経験が大きくて、何よりも大切な宝物になりました。それを生かして戦いたいと思います」

ウマル・パスハエフ
「平本は若くてアグレッシブな選手で、相手にとって不足はない。今回の試合は自分にとって新しいチャレンジでもある。自分のキャリアの為にも、この試合は絶対に負けるわけにはいかない。どちらか強い方が勝つ。それはもちろん俺だ」

アルトゥール・キシェンコ
「自分は2006年に初めてK-1に出場した。この数年はK-1から離れていたが、日本の格闘技ファンのみんな、そして日本のリングがとても恋しかった。今回トレーナーとして日本に戻ってくることが出来て、大変嬉しく思っている。自分にとって新たなK-1のステージ、今回連れていく2人も、あの頃の自分のようにK-1の会場を盛り上げられると思う。6月、みんなに会えることを楽しみにしている」

 すでにウマルの試合映像をチェックしているという平本は「ブロックが固くて外国人らしい選手だと思いました。ただ空間の把握は上手くないと思います」とウマルの長所と短所を冷静に分析し「実際に戦ってみないとやりやすいかどうか分かりませんが、全力で戦います」と気を引き締める。

 ライト級王座決定トーナメントでの活躍で今回の試合はより注目が集まる中での試合となるが、平本「僕は注目してもらった方が頑張ることが出来るし、やる気も出ます」。頼もしい言葉に続いて、打倒ゲーオ・ウィラサクレックの野望も語った。

「みんなそうだと思うけど、僕の目標はK-1チャンピオンになることです。2月に負けてもっと頑張りたいと思ったし、僕はゲーオが持っているからベルトの意味があると思っています。いずれゲーオに挑戦できたらいいなと思っているし、新たなスタート・いいスタートを切れるように頑張ります。

(ゲーオに勝つ自信は?)今やってもかなわないなと思いますが、これから試合をこなしていけば、必ずゲーオからベルトを獲る自信があります。ゲーオとやるためにもっと自分を強くして頑張りたいと思います」

 なお現在18歳の平本は10代限定大会【KHAOS TEENS】として行われる「KHAOS.2」5.13(土)新宿FACE大会で父・俊幸さんとミット打ちを行うことが決定。

「小さい頃からずっとお父さんにミットを持ってもらっていて、今でもお父さんに教わっています。ミットが一番合うのがお父さんで、たまにお父さんが頑張ってスパーリングもやってくれるので、2月の煽りVTR(※2人の対戦シーンがあった)の続きをやってもいいかなと思います。お父さんにはしっかり(身体を)絞ってきてほしいです」と笑顔で話した。

 

選手登録