2017.04.26

 4月26日(水)東京・GSPメディアセンターにて、6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」の追加対戦カードが発表された。

 4月大会ではローブローのアクシデントを乗り越えてビクトー・サラビアにKO勝利し、2017年の初陣を飾ったフェザー級王者・武尊。今大会へのスーパーファイトでの出場が決まり、かつてK-1MAXで活躍したアルトゥール・キシェンコが推薦するロシア人ファイターのブバイサ・パスハエフと対戦することとなった。会見の冒頭では武尊が意気込みを語るり、主催者を通してブバイサのコメントも発表された。

武尊
「サラビア戦ではローブローのダメージがあったんですけど、問題ないということでご心配おかけしました。今回、新生K-1として初めてのさいたまスーパーアリーナでの大会開催で、俺が出ないとだめだろうという気持ちでした。

 そこですぐに試合を決めていただいたのでうれしいです。対戦相手はキシェンコ選手が育てている選手で、ロシアには強い選手が多いし、アグレッシブなファイターだと聞いているので、試合が楽しみになりました。必ず勝ちたいと思います」

ブバイサ・パスハエフ
「武尊はこの階級のトップで、バランスのとれた素晴らしい選手だ。だが今まで俺のようなテクニック、戦術の相手と戦ったことはないだろう。お互いに打ち合いを恐れず、決して下がらないファイトスタイルだ。間違いなく激しい試合になるだろう。勝利への気持ちが強い方が最後に笑うことになる。俺にとって、これはただの試合じゃない、命をかけた“闘い”だ。武尊、リングで拳を交えることを楽しみにしている」

 続く質疑応答では「ブバイサ選手の試合映像はまだ見ていません。今日、対戦相手を知りました」と武尊。「とにかく新生K-1初のさいたまスーパーアリーナ大会に出たいという気持ちだったし、僕は対戦相手で出る・出ないを決める性格ではない。オファーがあって時点で出場を決めました」と対戦相手に関係なく6月大会への出場を希望していたことを明かす。

 その上で武尊はブバイサについて「ロシアの選手はナチュラルに身体が強くて、写真を見ても身体の強さを持っていそうな選手だと思いました」と分析し「フィジカルでも負けないようにしたいし、今まで通りに自分のレベルを上げていく練習をしたいと思います」と更なる進化を誓った。

 今大会では第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント、ライト級王者ウェイ・ルイvs挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレック、スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックvs挑戦者・野杁正明など豪華カードがずらり。K-1をけん引する武尊にとっては他の選手・試合との勝負になる。

 武尊は「トーナメントは盛り上がるし、他にも豪華なカードが多いんですけど、どの試合よりも一番目立って輝いて勝つことを目標にしています。初のさいたま大会なので、しっかりMVPをもらいたいと思います」と力強く主役宣言した。

 

選手登録