2017.11.21

 11月21日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP JAPAN~初代ヘビー級王座決定トーナメント~」のスーパーファイトで卜部功也と対戦するクリスチャン・スぺトゥクが公開練習を行った。

 2月の初代ライト級王座決定トーナメントでは一回戦で谷山俊樹を下し、準決勝でウェイ・ルイと拳を交えたスペトゥク。今回が日本では2度目の試合ということで「2月と比べて精神的に落ち着いている」と前回以上のパフォーマンスを見せられると自信をのぞかせる。

 トーナメントではパンチの印象が強かったスペトゥクだが、公開練習では左右のミドルキックなど蹴り技も多用。特別な功也対策はしていないというものの「スパーリング相手と一緒にサウスポー対策を練ってきた。僕と卜部功也は(戦い方が)似ているところもあると思うけど、試合をすればどちらか上かはっきり分かるはずだ」と続けた。

 この試合に勝てば現ライト級王者ウェイ・ルイへの挑戦も見えてくるが「もし機会があれば(ウェイ・ルイとも)戦いたい。俺は日本が大好きだし、これからも日本で戦っていきたい」と語るスペトゥク。「23日は満員の会場で会おう!」とファンにメッセージを送った。スペトゥクと功也によるハイレベルな好勝負に期待大だ!

 

選手登録