2017.11.21

 11月21日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP JAPAN~初代ヘビー級王座決定トーナメント~」の一回戦でKOICHIと対戦するイブラヒム・エル・ボウニが公開練習を行った。

 K-1初参戦となった2月の代々木大会では“K-1ヘビー級の新エース”上原誠を左フックでKOしているエル・ボウニ。「前回の試合は自分にとってもいい経験だったし、日本でトップと言われている上原誠をKOできていい試合ができたと思うよ」と上原戦を振り返る。

 公開練習ではリズミカルに細かいパンチのコンビネーションを繰り出して「準備も万端だし、コンディションも問題ない。一日三試合のトーナメント用にスタミナ面は調整してきたけれど、特にトーナメントで勝つための練習はしていない。どうせ三試合やってもすぐ終わるだろうからな」と余裕たっぷりに語った。

 上原戦のインパクトからエル・ボウニを注目ファイターと見る声も多いが「俺は間違いなく危険な男で、他の選手たちは俺を危険な存在だと思っていた方がいい」と不敵な笑み。上原戦の前日会見ではフェイス・トゥ・フェイスの睨み合いから乱闘騒ぎを起こしており「もしファンが望むなら記者会見で試合をやってやってもいいぜ」と危険な言葉を続ける。

 さらに決勝でのリベンジに燃える上原について聞かれると「上原が決勝で俺にリベンジしたがっている? もう一回俺がKOしてやるよ」と言ってのけ、他の出場選手に対しても「俺が一番危険だから他のやつらは大したことがない」と切り捨てた。

 最後にファンへのメッセージを求めると「俺がイブラヒム・エル・ボウニだ。ファンは俺だけを見ていればいい。全員KOで倒してやる」とエル・ボウニ。モロッコの若き猛獣はトーナメントで大暴れするするつもりだ。

 

選手登録