2017.10.29

 10月28日(土)東京スカイツリータウンR・ソラマチイーストヤード5F、J:COM Wonder Studioにて「GAORA SPORTS presents『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ヘビー級王座決定トーナメント~』11.23さいたま大会・大決起集会!」が行われた。

 このイベントはタイトルの通り、11.23さいたま大会に出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開するK-1の大会前恒例の公開イベントだ。イベントにはK-1公式サポーターの関根勤さんも参加し、選手たちはハロウィンにちなんで、それぞれ“仮装”して登場した。(※海外在住選手を除く。武居由樹は諸事情により欠席)

 初代ヘビー級王座決定トーナメント選手は二つに分かれて登場。二番目にKOICHI、上原誠、愛鷹亮が姿を現し、トーナメントへの意気込みを語った。

KOICHI
「(一回戦で対戦するイブラヒム・エル・ボウニは)バダ・ハリみたいに速くて強い選手なんですけど、自分は勝つ気満々です。あとエル・ボウニは対戦相手に対してリスペクトに欠けるところがあるので、僕がエル・ボウニを倒してリスペクトさせたいです。K-1は僕が格闘技を始めたきっかけですし、このトーナメントにかける想いは強いです。(決勝で戦いたい相手は?)去年、悔しい想いをしているので上原選手にリベンジしたいです。当日はヘビー級の迫力と面白さを見せて、会場を思いっきり沸かせようと思います」

上原誠(仮装:ラファエル)
「(一回戦ではパコム・アッシと対戦することになったが)自信はありますね。(公開練習では「サーカスのような試合をする」「危険な技を解禁する」と言っていたが)試合を見れば分かる・伝わると思います。分かっている人には分かると思うんですけど…空手の技です。一撃で仕留める技で選手生命に関わる技ですが、今回はそれを解禁します。(決勝で戦いたい相手は?)ぶっ倒したいのはエル・ボウニ。気持ち的にはKOICHI選手。やっぱり日本人同士の決勝戦が盛り上がると思うので。最終的に優勝するのは上原誠、ベルトを巻くのは上原誠、新生K-1のヘビー級を作ったのは上原誠。よろしくお願いします!」

愛鷹亮(仮装:アメリカンポリス)
「8月のKrushではクソみたいな試合をしてしまったので、ここから巻き返したいと思います。次の試合(VS古田太一)は普通に1Rで倒して、ヘビー級はリザーバーがトーナメントに出る可能性も高いと思うので、それに備えたいと思います。(決勝で戦いたい相手)上原選手と戦いたいです。ヘビー級を引っ張ってきたのは上原選手ですし、ヘビー級にいる身として戦いたいという気持ちもあります。K-1初参戦でバシッとインパクトを残して、愛鷹亮がいることをアピールしたいです」

 

選手登録