2017.04.20

 4月20日(木)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」のトーナメント一回戦で武居由樹と対戦するアントニオ・オルデンが公開練習を行った。

 オルデンはサウスポーから繰り出す鋭い蹴り技を得意としているスペイン人ファイター。スペインやヨーロッパで数々のタイトルを獲得している実力者で、公開練習ではパンチから鋭いミドルキック・ヒザ蹴りのコンビネーションを繰り出していった。

 今回が初来日・K-1初参戦となるオルデンは「こうしてK-1に出場できることをうれしく思う。それと同時に勝ちたいという気持ちでいっぱいだよ」と挨拶。「K-1のトーナメントで戦えるということでモチベーションも高いし、仕上がりも順調だ。自分がK-1に参加することで、スペインの格闘技のことをもっと知ってもらいたいと思う」と続ける。

 過去にムエタイのトーナメントに出場したことはあるものの、今回のような1日3試合のワンデートーナメントは初めて。トーナメント用に特別な練習は取り入れていないとした上で「いつも通りの練習を続けて、一試合一試合を勝って行けるように集中している」と目の前の試合をクリアすることを第一に考えている。

 対戦相手の武居について聞くと、オルデンは「武居の印象は特にないけれど、彼には『過去最高のアントニオ・オルデンと戦うことになる』と伝えてほしい」とニヤリ。「特にゲームプランは考えていないけど、自分らしい試合をして優勝したいと思っている。とにかくK-1スーパー・バンタム級王者となり、またチャンピオンとしてK-1に戻ってくることだけを考えている」と自信をのぞかせた。

 最後にオルデンは「日本のファンには自分のスピーディなファイトスタイル、そして闘う魂を見せたい。たくさんの人たちにアントニオ・オルデンの試合を見てもらいたいね」とメッセージ。オルデンはK-1初参戦でどんなインパクトを残すか?

 

選手登録