2017.09.19

 9月19日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第6試合では島野浩太朗から合計3度のダウンを奪って判定勝利を収めた皇治。「浩太朗は頑張って褒めてやりたいけど、俺とは実力が違う所を証明できたのは良かったと思います」と試合を振り返った。

「昨日の試合は1Rで楽勝で倒せると思って、あまり練習してなかったんですけど、あれだけタフで粘って頑張った(島野)浩太朗を褒めるべきかなと思いましたね。(昨日のコンディションについて)減量を気を付けてコンディションを作りました。浩太朗は頑張ったから褒めてやりたいけど、俺とは実力が違う所を証明できたのは良かったと思います。

(反撃を喰らった場面について)サクッと勝ったら浩太朗も頑張って練習したのに可哀想だし、見ている人はヒヤヒヤして面白かったなら良かったかなと思います。(倒し切れなかったことについて)普通の奴なら倒れていると思うし、何度も倒されたら浩太朗も引退しないといけなくなるし、優しさが出たかなと思います(笑)。

 浩太朗はええ子やし記者会見でも優しかったから3回も倒れて4回目はヤバイなと思って優しさが出ました。普通なら奴ならブッ倒して担架で運んでやろうと思っていました」

 昨日は他にもスーパー・フェザー級のスーパーファイトが2試合組まれ、王者の大雅がスタウロス・エグザコスティディスにKO負けする波乱が起きた。

 皇治は「大雅くんがキューピー(スタウロス)に負けたからキューピーと戦ってもいいかな」とスタウロスとの対戦に興味を示しつつ「ファンもアンチも喜ぶカードなら誰でも戦います」と話した。

「大雅くんがキューピー(スタウロス)に負けたからキューピーと戦ってもいいかなと思うし、ファンが面白いと思うカードなら誰と戦ってもいいと思っています。来年3月はたけぽん(武尊)と戦うので、それまで張り切っていこうかなと思います。

(大雅に対して)何も思っていないっすね(苦笑)。今回は体調が良くて、やる気出したら誰にも負けない思っているんで。俺はサウスポーが嫌いだからジュニア(卜部功也)も大雅もサウスポーじゃなくてオーソドックスで戦ってくれるなら戦ってもいいかなと思います(笑)。

(スタウロスとの対戦について)キューピーは日本が好きって言っていたから、俺が日本を嫌いにさせてやろうかなと思います。まあファンもアンチも喜ぶカードなら誰とでも戦いますよ」

 K-1に嵐を呼ぶ男・皇治に次戦に注目だ!