2017.09.19

 9月19日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の一夜明け会見が行われた。

 初代フェザー級王者として初防衛戦に臨み、挑戦者ワン・ジュングァンから勝利を収めた武尊。試合後半に額の右側が大きく腫れ上がっていた武尊は「夜中に病院で検査してもらって、脳には異常がなかったのですが、血が下がってきて目がふさがっている」ため、眼帯着用で会見に出席し、ジュングァンとのタイトルマッチを振り返った。

「昨日はチャンピオンとして最低限の仕事しかできなかったかなと思います。ベルトを守るという仕事をできたことだけは唯一良かったかなと思います。(眼帯をしているのは)バッティングかヒジが当たったと思うんですけど、昨日の夜中に病院で検査してもらいました。脳には異常がなかったですし、おでこの出血で目がふさがっているだけで異常はないです。

(ジュングァンの印象は?)映像で見たファイトスタイルと違っていて、タイトルマッチに懸ける想いを感じました。気持ちが強いのは知っていたので簡単には倒れないだろうと思っていて、これが入ったら倒れるだろうという攻撃も入っていましたが、予想以上に気持ちの強さが入っていて、その部分ではリスペクトしました。見習いたいなと思います。

(フィジカルトレーニングの成果は?)10~20%出たらいいなくらいだったのですが(トレーニングの)実感はありました。攻撃のスピード・パワーを両方上げる練習をしてきて、練習でも一発一発に重さが乗る実感を感じています。これが100%になったら楽しみだなと思っていますね」

 怪我の状況・回復具合について武尊は「(顔の)中じゃなくて皮下出血がひどいだけ。炎症が収まれば問題ないし、ここ以外のダメージはないので、炎症がひけばすぐに練習を再開したいです」と説明。今月25日のWRESTLE-1米子大会にエキシビションマッチでの出場が決まっており「炎症が収まったらそこに向けて仕上げたいと思います」と地元凱旋に向けて動き出す予定だ。

 そして来年3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)で開催される「K'FESTA.1」(ケーズフェスタワン)に向けては「僕は3月に出ることが目標じゃない。メインイベントじゃないと出るつもりはないし、3月もチャレンジする試合をしたいと思います」と意気込みを語った。

 

選手登録