2017.09.17

 9月17日(日)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の公開計量・前日会見が行われた。

 初代ウェルター級王座決定トーナメント出場選手はリザーブファイトも含めて全10選手が最初の計量でリミットをクリア。記者会見で明日のトーナメントへ向けて意気込みを語った。一回戦・第1試合は激闘派揃いのトーナメントの中でも、特に激しい試合が期待される渡部太基とモハン・ドラゴンの一戦だ。

 今回がK-1初参戦となるモハンは「明日の一回戦は間違いなく一番盛り上がる試合になるでしょう。私はK-1の歴史に新たな1ページを作りたいと思って、夢の舞台=K-1に上がります。トーナメントに出ている選手の中で最年長ですが、最年長で優勝してみせます。30代で格闘技を始めて、40代でK-1チャンピオになります」とK-1王者へ向けた想いを熱弁。

 対する渡部は「やるべきことはやってきたので一試合一試合全力で戦います」と静かに語り「盛り上げたうえでしっかり倒して勝ちます」と一回戦突破を口にした。

 一回戦・第2試合では大会当日解説席に座る魔裟斗さんが優勝候補として名前を挙げるメルシック・バダザリアンと超実力派の山際和希が激突する。

 対戦カード発表会見から「自分は勝ちに徹して優勝する」という姿勢を崩さない山際は、前日会見でも「私は優勝できるだけの練習をしてきたと思います。私は減量もなくてコンディションもいいので、明日は私の強さが見せられるかなと思います」と豪語。

 優勝候補バダザリアンに対しても「上半身ががっちりしている欧米人特有の選手かなと思います。でも思ったよりも背が小さかったですし、私は背が小さい選手はかなり得意です。バダザリアン選手の攻撃が当たることはないと思います」と言い切った。

 一方のバダザリアンも「試合のための準備は万端で、自分は勝つために日本にやってきた。明日の試合が楽しみでしょうがない」と自信たっぷり。山際の発言について聞かれると「口で言うことは簡単だ。まだ日本のファンが自分のことを知らないだけで、明日のリング上ですべてを見せる」と不敵に語っている。

 一回戦・第3試合では現Krush-67kg王者としてK-1に殴り込みをかける塚越仁志と成長著しい中国立ち技格闘技の新鋭ハン・ウェンバオが拳を交える。

「今までやってきたこと、Krushのベルトを獲って成長したことをK-1のリングでお見せしたいと思います」という塚越は「撮影で向かい合ってみて、しっかり身体を作ってきたという印象です。試合を見てもガンガン前に来てガードが固くて崩れない選手なので、そこをどう崩せるかの練習をしてきました。仕上がりもいいので激しい試合ができるのではないかなと思います」と激闘を予告。

 中国では“ブルドーザー”の異名を持つウェンバオも「計量で塚越と会ってみて強い選手という印象を受けた。でもたくさん試合映像を見て、塚越のことを研究してきた。ここで多くは語らないので、リングで結果を出す」と塚越攻略に自信をのぞかせつつ「エキサイティングな試合をお見せしましょう」と塚越の激闘予告に呼応した。

 そして今回のトーナメントで最も注目を集めているのが一回戦・第4試合の久保優太vs木村"フィリップ"ミノルの元同門対決だ。お互いがどんな心境でリングに立ち、どんな試合になるか注目される中、前日会見で久保から衝撃の言葉が飛び出した。

 なんと久保は今回の試合のために、かつて指導を受けていた矢口哲雄トレーナーのもとで練習していたことを告白。矢口トレーナーは久保と木村がFighting Kairosで同門だった時代に2人を指導していたトレーナーであり、この事実を知った木村は「もう彼に対する気持ちはなくなった。彼もトレーナーも完膚なきまでに叩き潰して地獄に落とす」と声を震わせた。

久保優太
「今回のトーナメントは僕の格闘技人生にとって集大成だと思っています。僕もキャリアが長くて、最近は調子が出ない・結果が出ない試合が続きました。そこでどの時期の自分が強かったかを振り返った時、僕が一番強かった時に教わっていた矢口トレーナーに『僕を世界チャンピオンにしてください』と懇願して、練習をやってきました。世界で一番強くなる練習をしてきたので、明日はそれを見ていてください。

(今の心境は?)正直よく分からないです。いつもそうなんですけど、僕は試合まで緊張感がなくて、試合前にスイッチが入るタイプです。今まで55戦やってきましたが、計量が終わったあとはやっと飲み物が飲めた・ものを食べられという感じです。明日どういう自分になるか分かりませんが、今まで同じでリングでスイッチが入ると思います」

木村“フィリップ”ミノル
「僕が思う世界最強の男が隣にいるので、いい仕上がりが出来ました。僕は相手が強ければ強いほど燃えるので楽しみです。僕はこの一年間、誰よりも苦しい想いと嫌な思いをしたので、最後の最後までリングをどくつもりはないです。何が何でもリングに立っています。

 相手がやってくることは予想がつきます。お互いジムを離れて、そこでもう一度当時のトレーナーに教えてもらうということは、僕にとって敵が増える感じですけど、もう彼には気持ちがなくなりました。僕はあれから一匹狼で、新しいファミリーを背負ってやってきました。彼がそういうことをするなら、完膚なきまで叩き潰して、彼とトレーナーともども地獄に落とします」

 様々な因縁うずめく激闘必至のトーナメントを制して、初代ウェルター級王者としてベルトを巻くのは誰だ!? 

 またリザーブファイトで対戦する牧平圭太とKENJIも会見に出席。今年3月のKrush後楽園大会で対戦した際には牧平がハイキックによるカットでTKO勝利(ドクターストップ)という結果に終わっており、両者は「今日までなめんなよって思って練習してきました。父親として子どもに勝つ姿を見せます。KOで倒して勝ちます」(牧平)、「牧平を倒すために練習してきたので、明日は熱い試合をします。KOで倒して完全決着します」(KENJI)と完全決着を誓った。