2017.06.17

 6月17日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」の前日記者会見が行われた。
 明日の第6試合は2月の初代K-1ライト級王座決定トーナメントで準優勝を果たした平本蓮とウマル・パスハエフによる一戦。
 かつてK-1MAXで魔裟斗と死闘を繰り広げたアルトゥール・キシェンコの推薦選手として参戦するウマルは「平本は素敵なスーツを着ていて、どんな選手かよく分からないので明日じっくり見てみたいと思う。私は勝つために来日した。自分の目的はただ一つだ」と静かにコメント。
 対する平本は「ごちゃちゃ言わず明日の試合を見てもらえば分かると思います。K-1の第2章は僕から始まるので楽しみにしていてください」と堂々宣言。
「ウマル選手と握手してみて、明日は絶対勝てるという確信に繋がりました。強い相手に勝ってもゴチャゴチャ言うやつはいっぱいいるので、明日はコンプリートファイトを見せます。今の自分は、強い自分を見せられる自信があるので、強い自分を見せるだけです」と完全勝利を誓った。

 会見には第7試合で対戦する小澤海斗と西京春馬も登場。先にマイクを持った西京が「やるべきことはやってきたので明日楽しみにしていてください」と挨拶すると、小澤は「このガキには明日マットでおねんねしてもらうから、枕と布団を忘れるなよ」と挑発。
 思わず苦笑いの西京が「どんな勝ち方になるかは試合の流れじゃないですかね。僕は自分の流れにします」とクールに話すと、小澤は「KOで勝つだけ」と言い切った。

 

選手登録