2017.06.16

6月16日(金)東京・新宿区のK-1ジム総本部にて、6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」のスーパーファイトに出場するウマル&ブバイサ・パスハエフが公開練習を行った。
 かつてK-1MAXで活躍したアルトゥール・キシェンコの推薦選手として、ロシアからK-1初参戦を果たすウマル&ブバイサのパスハエフ兄弟。公開練習ではキシェンコを相手に2分1Rずつのミット打ちを披露し、ロシア人選手らしいゴツゴツとしたパンチを繰り出していった。
 今大会で兄ウマルは平本蓮、弟ブバイサは武尊と対戦。日本のトップファイターたちと拳を交えることになる。
 しかしウマルは「平本は日本のファンにとってスター選手かもしれないが、私にとってはごく普通の対戦相手だ」、ブバイサは「武尊が日本を代表する選手であることは知っている。ただ今は自分の対戦相手という認識でしかない」(ブバイサ)と意に介さず。
 キシェンコも「自分はただこの2人を日本に連れてきたわけではない。みなさんには日曜の試合を見てほしい」とファンにメッセージ。果たしてキシェンコ軍団の実力はいかに!?

 

選手登録