2017.06.16

 6月16日(金)東京・新宿区のK-1ジム総本部にて、6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」一回戦で廣野祐と対戦するサニー・ダルベックが公開練習を行った。
 2015年7月の初代王座決定トーナメントに続いて、今回が2度目のトーナメント参戦となるダルベック。トーナメントに向けて「一回戦の相手は分かっているけど、準決勝以降の相手は分からない。先のことを考えると自分がぶれしまうので、特別なことはやらず、いつものメニューで集中してきたよ」。
 公開練習では持ち前の左ストレート・左ミドル・左ヒザ蹴りを繰り出し「試合に向けて準備は万端で気持ちも集中できているよ」と笑顔を見せた。
 一回戦で対戦する廣野祐について「このレベルはみんないい選手ばかりで、彼もいい選手だと思う。ただ実際にグローブを合わせないと分からない部分もあるから、試合当日に色々と分かることもあるだろうね」とダルベック。
 廣野は“不倒王”の異名を持つタフさが持ち味のファイターだが「誰も自分が倒されると思って戦わないし、僕も最後まで立って戦うつもりだ。試合がどうなるかはリング上で分かるよ」と続けた。
 トーナメントの勝ち上がりについてダルベックは「準決勝にはルーク・ウィーランが上がってきて、決勝はチンギス・アラゾフとの試合になるだろうね」と予想。「K-1のベルトは必ず獲りたいと思っている僕の夢だ。僕は前回のトーナメントよりも強くなっているし、より自信を持てる自分になった。今回は自信を持ってベルトを獲りに行きたい」とK-1王座への想いを熱く語った。

 

選手登録