2017.06.11

6月22日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R]で対戦する川口拓真と西京佑馬のコメントを公開!
川口拓真(K-1ジム総本部チームペガサス)
「一度アマチュアで西京選手に負けていますが、差があるとは1㎜も思っていない」

「前回Krush(2017年1月)で負けて早く試合をしたかったんですけど、結構期間が空いちゃったかなと思います。プレリミナリーファイトは2016年4月以来ですが、あの時はあんまり練習していなくて(苦笑)、あの時と比べたら今ではもう全くレベルが違うと思います。
 対戦相手の西京選手は覚えていないでしょうけど(苦笑)、僕は一度アマチュアで西京選手に負けています。西京選手はK-1甲子園も取っているし、強いと思いますが、自分と差があるだなんて1㎜も思ってないですね。勝てると思ったからこの試合も受けました。
(試合のテーマは?)リベンジ。自分はパンチが得意なので、ファンのみなさんにはパンチを見てほしいです。プレリミナリーファイトからかなり面白い試合になると思うので、応援よろしくお願いします」
西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
「自分の動きを100%出して、レベルの違いを見せて勝ちたい」

「4月のデビュー戦では力んでしまって動きとしては悪かったのですが、KOできたのでよかったと思います。前回の反省点を生かして、スパーなどでは力を抜くように意識してきました。
 対戦相手の川口選手はガンガン前にくる印象ですが、自分の動きを100%出すことをテーマにして、レベルの違いを見せて勝ちたいと思います。今回は兄も同じ大会に出るので、兄弟で出るからには2人とも勝たないと意味がないと思っています。
 みなさんには僕の全部を見て欲しいですし、これからK-1チャンピオンも目指して戦っていきます。今回もプレリミナリーファイトから注目よろしくお願いします!」