2017.02.13

 2月25日(土)国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R]で対戦する石塚宏人と桑田裕太のコメントを公開!

石塚宏人(ドージョー☆シャカリキ)
「一撃ではなくて確実にダメージを与えて倒す。今回こそ勝つ姿を見せたい」


「今回、K-1という夢の舞台に立つことができ嬉しいです。僕は小学2年生の頃に父が道場を探してきてくれて、それをきっかけにキックボクシングを始めて現在に至ります。

 対戦相手の桑田選手はK-1カレッジ王者になっていて、実力は確かなものだと思います。でも勝てない相手ではないと考えています。

(この試合のテーマは?)自分の長所を活かした戦い方をしたいです。一撃で倒すことを意識するより。確実にダメージを与えて倒したいです。

 僕はまだプロで勝ったことがないので、今回こそは勝つ姿を見せたいです。応援よろしくお願いします!」

K-1カレッジ2016 -55kg優勝
桑田裕太(Ωmega)
「K-1カレッジでは100分の1以下の実力しか見せられていないので、ここで実力をアピールしたい」


「K-1でプロデビューが決まって、率直に嬉しかったです昨年K-1カレッジで優勝している以上、K-1カレッジ優勝者という肩書きは付き物なので、負けられないという気持ちが強くなりました。

 対戦相手の石塚選手はアマチュア時代から知っている強い選手です。今回は自分が持っているものを全て出すことがテーマです。持っているものを全て出せば、自然とKOに繋がると思います。

(どんな試合をして勝ちたい?)格闘技を初めて見る人にも強さの伝わる試合をします。カレッジの試合では100分の1以下の実力しか見せられていないので、実力をアピールしたいです。

 昨年末にKrushでプロデビューが決まっていたのですが、その時は怪我で欠場という形になってしまいました。その分しっかり怪我を治して、万全の状態で試合に臨むので応援よろしくお願いします!」

 

選手登録