2016.11.01

 11月1日(火)東京・大久保にあるK-1ジム総本部にて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)のスーパーファイトで左右田泰臣と対戦するファワド・セディッキが公開練習を行った。

 今回、K-1初参戦となるセディッキはオランダの名門メジロジムに籍を置き、オランダの-65kg戦線で活躍している注目の新鋭。K-1参戦に向けて試合決定直後からハードな練習を積み重ね「コンディションは最高だよ。長い間ずっとK-1で試合をしたいと思っていたから、ついにこの日がやってきたという気持ちでいるよ」と試合直前の心境を語る。

 公開練習ではメジロジムのアンドレ・マナートを相手にミット打ちを披露。「ボクシング仕込みのパンチと多種多様な蹴りをミックスしたものが俺のファイトスタイルだ」という言葉通り、シャープなパンチとバックスピンキックを織り交ぜた独特の動きを見せた。

 対戦相手の左右田については「彼はキャリアがあって経験豊富だ。そして年齢も背も自分よりも上だ。ただそこまで研究してはいない。とにかく俺は俺のファイトスタイルでKOを見せたい」と一言。

 スーパー・ライト級(-65kg)はK-1でも最激戦区の階級だが「俺は負けるために日本に来たわけじゃない。誰が相手でも勝っていくし、もし王者のゲーオ(・ウィラサクレック)と戦うことになっても、俺は勝つために戦うよ」とスーパー・ライト級の台風の目になるつもりだ。

「俺はK-1を見て、K-1と一緒に育ってきた世代だ。そして今K-1で戦うために日本にやってきた。ぜひ試合を楽しみにしていてほしい
」。セディッキが強豪ひしめくスーパー・ライト級に風穴を開けるか?

 

選手登録