2016.11.01

 11月1日(火)東京・大久保にあるK-1ジム総本部にて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)に出場するユン・チーが公開練習を行った。

 K-1初登場となった6月の代々木大会では、カード変更を受けてのスクランブル参戦ながら小宮山工介を下す金星を挙げたチー。

 今回はチー自身が「自分に一番合っている階級」というフェザー級での参戦で「コンディションは最高です。今回はしっかり準備期間があったので、対戦相手のことを研究して、戦法・対策を練った練習ができたと思う」。

 公開練習では小宮山からダウンを奪ったワンツーを始め、シャープなパンチを次々と繰り出し「このトーナメントのために苦しい練習を乗り越えてきた」という言葉通りの動きの良さを見せた。

 一回戦では実力者・神戸翔太と対戦するチーだが「神戸選手は良く知っている選手でレベルが高いと思いますが、自分の方がレベルが高いと思っています」と余裕たっぷり。「神戸選手は打たれ強くてタフな相手ですがKOする自信があります。おそらく早い段階で決着がつくでしょう」と秒殺勝利を予告する。

 さらにチーは「このトーナメントで戦いたい相手は武尊選手です。武尊選手は元スーパーバンタム級のチャンピオンであり、世界的に有名です。でも僕はそういう選手を倒してチャンピオンになりたい」と武尊にも宣戦布告した。

 もしチーが優勝すれば新生K-1初の中国人王者誕生となる。「中国から新生K-1のトーナメントに選ばれたのは自分が初めてだと思うし、その誇りを胸に必ず優勝します。K-1という世界的なイベントのベルトを中国、そしてジムに持って帰るつもりです」とトーナメント制覇&王座奪取を誓った。