2016.10.13

 10月13日(木)東京・三軒茶屋にあるK-1ジム・シルバーウルフにて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)のスーパーファイトでファワド・セディッキと対戦する左右田泰臣が公開練習を行った。

 3月の-65kg日本代表決定トーナメント一回戦で山崎秀晃にKO負けして以来、約8カ月ぶりの試合となる左右田。激しい練習の日々を物語るように右目に少し腫れも残っているが「8カ月ぶりの試合ということで疲労で右目がつぶれるくらいまで追い込めています」と追い込みを続けている。

 前回の敗戦を機に現スーパー・ライト級(-65kg)王者ゲーオ・ウィラサクレックのもとで練習を積み、約一週間タイでの武者修行も敢行。今までにない練習を取り入れて得るものも大きかったという。

「前回の試合のあとウィラサクレックジムに行くようになっただけでなく、一週間ほどタイにも練習に行きました。タイでは朝・夜一日二回練習をして、ゲーオの幼馴染がやっているジムとYOKKAOのトレーニングセンターにも一回行って(ムエタイの強豪選手である)センチャイやシンダムとも練習しました。

 ゲーオの幼馴染がやっているジムはシャワーもなくてほとんど何も設備が整っていないジムだったのですが、逆にそれが僕には新鮮で良かった。タイで生活の中にムエタイがある感覚を肌で感じられて、僕の中ではいい充電期間になりました。

 3月の試合まで僕は良くも悪くも入り込みすぎていた部分があって、タイ人は試合前でも普通に過ごして、普通に練習して、普通に試合するんですよね。それを学ぶことが出来て、今の自分にはそういう感覚が合っていると気づきました。僕は気持ちが入り込みすぎて、悲壮感が出てしまうので意識改革が出来ました」

 そんな左右田が今回の復帰戦に掲げるテーマは「生きたいように生きて、なりたい自分になる。過去の自分と戦って昔の自分を超える」こと。大のプロレスファンでも知られる左右田は公開練習のミット打ちで丸藤正道の虎王(二段飛びのヒザ蹴り)や柴田勝頼のPK(スリーパーから尻餅をついた相手の胸元を蹴る技)といったプロレス技を繰り出し、まさに“やりたいことをやる”。

 この試合のためにオリジナルのマスクを作製し、新日本プロレスの選手の入場曲を手掛ける北村陽之介氏にオリジナルの入場曲を創ってもらったことを明かし「新しい自分を見せるという想いを込めました。(自分の殻を破りたい?)復帰戦で殻を破るというよりも結果的に殻を破れているという方がベストですね。今回は“倒して勝つ”というよりも“勝つために倒す”ということを意識しています」と復帰戦への想いを語った。

 対戦相手のセディッキは今回がK-1初参戦で、今オランダの立ち技格闘技界で注目を集めている新鋭。「パンチを振ってくる選手でパンチ力もある。その中で回転系の技も使ってくるので警戒しています」とセディッキとファイトスタイルを分析しつつ「K-1に出る外国人選手はK-1に出るというだけで1.5倍もしくはそれ以上の力を発揮する。過大評価も過小評価もせずに戦います」と気持ちを引き締めた。

 前述の通り、王者ゲーオと共に汗を流す左右田だが「K-1で戦うからにはチャンピオンベルトを獲らないといけない」と宣言。「K-1に出ていても、K-1のベルトを目標にしていない選手はK-1に出なくていい。今、僕はゲーオと仲間で一緒に練習していますけど、ベルトを持っているゲーオに狙いを定めて戦っていきます」とK-1チャンピオンになるという強い意志を口にした。約8カ月ぶりのK-1のリングで左右田はどんな姿を見せてくれるのか?

 

選手登録