2016.10.12

 10月12日(水)東京・竹ノ塚にあるPOWER OF DREAMにて、11月3日(木・祝)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー王座決定トーナメント~」(※-57.5kgから名称変更)に出場する神戸翔太が公開練習を行った。

 これまでK-1にはスーパー・フェザー級(-60kg)で参戦し、今回の初代フェザー級王座決定トーナメントのメンバーに選ばれた神戸。1日3試合の過酷なワンデートーナメントを前に「トーナメントを想定して1日3回練習している」と話し、「練習がキツすぎるんで早く試合がしたい。試合が待ち遠しいです」と漏らすほど過去最高の練習量で決戦へ備えている。

 公開練習ではシャドーボクシングとミット打ちを3分1Rずつ行い、ミット打ちではリズミカルなパンチと蹴りのコンビネーションを披露。軽快な動きを見せたが「今は疲れ切っています(苦笑)。でもこの疲れが抜ければ、試合当日に最高のコンディションに持っていけると思う。こんなに格闘技だけの生活は久々なので、いい結果が出せると思う」と手応えを感じている。

 神戸は一回戦で中国のユン・チーと対戦。チーは6月のK-1代々木大会で一階級上の小宮山工介からダウンを奪っている強豪だ。

 神戸も「ボクシングが上手くて、ボクシングスタイル」とチーのファイトスタイルを分析しつつ「そういうスタイルはやりやすい。試合を見る限り、ボディとか弱そうなんで、俺の得意のボディブローが当たりそうですね」と不敵に語る。

 準決勝以降の勝ち上がりについては「1回戦は日本人が勝ち上がってくると思う」と予想した上で「準決勝をクリアすれば、どれだけ身体がボロボロになっていても決勝は勝てると思う。だから一回戦・準決勝が大事になる」と決勝までの2試合がポイントになると位置づけている。

 神戸の予想でいけば準決勝で武尊との対戦が濃厚。過去に武尊とはKrush-58kg王座をかけて対戦して敗れているが「俺自身、リベンジを目的にトーナメントには出ていない」とキッパリ。

 さらに「リベンジするために生きているのはダサい。俺にそういう頭はないですね。リベンジ、リベンジ言っているのはガキ丸出し」と武尊への再戦を執拗にアピールする小澤海斗を“口撃”する一幕もあった。

 では神戸にとって今回のトーナメントのテーマは何か? 神戸は「必死に戦ってすべてを出し切る」と完全燃焼をテーマに掲げる。

「今まで自分の力を出し切らないで負ける試合があって、そういう試合は本当に悔いが残る。前回(7月のKruhs後楽園大会で佐野天馬に判定勝利)も必死に戦って、必死に戦った時の俺は強いかなと思います。

 最初の頃は勝てばいいやと思ってやっていましたけど、K-1にそういう選手は求められていない。今までは必死さが足りなかったし、必死さが足りないないのが周りにも伝わっていたと思います。いつも『力を出し切る』と言って出し切らずに終わっちゃうんですけど、今回は本当に気合いを入れてやろうと思います」

 インタビューの最後を「一晩で人生が変わるのはプロスポーツしかない。K-1はそういう夢があるプロスポーツです。自分もK-1で夢を掴みたいと思っています」という言葉で締めた神戸。これまでは感情を表に出すことなくクールな印象が強かった神戸だが、勝利への執念を胸に初代フェザー級王者を目指す。

 

選手登録