2016.09.17

 9月17日(土)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP IN JAPAN 2016~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」(※-60kgから表記変更)1回戦で大雅と対戦するハビエル・エルナンデスが公開練習を行った。

 昨年の初代-60kg(スーパー・フェザー級)王座決定トーナメントでは1回戦で島野浩太朗に圧勝し、準決勝では卜部弘嵩をあと一歩のところまで追いつめたエルナンデス。今回は昨年4月のK-1代々木大会での卜部功也戦以来の来日で、公開練習では得意のパンチと左右のミドルキックを中心に繰り出していった。

 公開練習後のインタビューでもエルナンデスは「今のコンディションはとてもいいよ。今までの中でも最高と言ってもいい。今までのキャリアの中で一番ハードな練習をしてきて、食事、フィジカル、テクニック、メンタル…すべてに重きをおいてトレーニングしてきた。体力的にもメンタル的にもすごくいい状態なんだ」と絶好調宣言。

 K-1で対戦した島野とは試合後に交流が生まれ、今回のトーナメントに向けてスペインで共にトレーニングキャンプを敢行。「コウタロウはとてもいいパートナーで、彼とはとてもいい練習が出来たよ」と戦友のサポートで仕上がりは万全だ。

 1回戦の大雅については「少しやりにくい選手だと思ったよ。特に彼は距離の取り方が上手いからね」と分析しているエルナンデス。その上で「ちゃんと対策を積んできたから大丈夫だ。(大雅はカウンターでKOすると言っているが?)試合を見ればどうなるかは分かるだろう」と語る。

 今回の世界最強決定トーナメントには卜部兄弟やカリム・ベノーイなど過去に敗れている相手も出場しており、エルナンデスは「もちろん彼らと再戦することになったら、喜んで彼らにリベンジしたい」と闘志。

「寝ている時も起きている時も、いつもK-1の世界トーナメントのことが頭から離れない。今はK-1の世界トーナメントで優勝することが大きなモチベーションなんだ」とトーナメント制覇に並々ならぬ想いを持っている。

 またエルナンデスはファンにスぺクタルな試合をすると力強い言葉で約束した。

「俺はいつものようにスペクタクルでアグレッシブな姿を見せたい。今までよりも強くなったティグレ(※スペイン語で虎。エルナンデスはヨーロッパで虎と呼ばれている)の姿を見せるよ。そしてこのトーナメントで俺が世界でナンバーワンだということを証明したい。みんなに最高にスぺクタルな試合を見せるよ」

 欧州屈指の激闘派は世界トーナメントでもファンのハートを掴む熱い試合を見せてくれるに違いない。

 

選手登録