2018.12.29

K-1・Krush・KHAOSで繰り広げられる激闘の数々から気になる選手をピックアップし、K-1 JAPAN GROUPサイトでしか読むことが出来ない独占インタビューを公開。今回は「K-1 WORLD GP」12.8(土)大阪大会のライト級世界最強決定トーナメントで優勝した林健太が登場!

――決勝では大沢文也選手との対戦になりました。試合前はどんな作戦を立てていたのですか?

「大沢選手は飛び込みの左フックが得意やから絶対にもらうなよって言われてて。手を伸ばしてパンチを当てさせないようにして、ヒザ蹴りを合わせる練習してたんです。でも始まてすぐ左フックをもらってダウンしちゃいました(苦笑)」

――ダメージはあったのですか?

「ダメージというかいきなりテレビのスイッチを切ったみたいに一瞬目の前が真っ暗になったんです。すぐ意識は戻ったんで、そんなにダメージはなかったんですけど、おもわずセコンドを見て苦笑いしちゃいました。大沢選手は膝にテーピングしてるし、足を痛めてると思って、ローを蹴ってリズムをつかもうと思ったんです。でも大沢選手はそれを分かってたと思いますね。僕がローを蹴ってきたからバックステップでかわして飛び込んで左フック。そういう作戦やったと思います」

――ダウンを奪われてからはどんなことを考えて戦っていたのですか?

「いつもは慌てて打ち合いに行っちゃうんですけど、この時はなぜか冷静に試合を進めてるんですよね。気持ち的にはムチャクチャ焦っていたのに、身体の動きは冷静やったんです。これは自分でもなんでか分からないですね。誰か教えてほしいです(笑)」

――この試合もジャブが当たっている印象でした。

「ホンマはローを当てたかったんですけど、それが当たらへんくて。だから準決勝と一緒でとにかくジャブを出して前に出ようと思ってました。で、これも準決勝で同じでジャブはしっかり当たっている感触が拳にあったんで、とにかくジャブは打ち続けようと思いました」

――1Rのインターバル中はどんなことを考えていましたか?

「1Rに右の目尻をカットして、そこから血が垂れてきたんですよ。セコンドもインターバル中に止血してくれて、自分的にはこのまま出血が続いたらTKO負けになると思って、むっちゃ動揺したんです。で、試合中にすっごい気になってたんですけど、映像を見たらちょっと切れてただけで、なんともない怪我でした(笑)」

――2Rからは林がパンチで打ち合いに持ち込む場面が増えましたよね?

「とにかく前に出て大沢選手を捕まえてパンチを当てようと。大沢選手はガードしてパンチの返しを狙ってましたけど、ガードの上からでも効かせてやろうと思って、パンチを打ち続けました。で、右のパンチで2回ダウンを奪ったら、大沢選手もテンションが上がった感じで打ち合ってくれたんですよね」

――3Rまでもつれる形になりましたが、3Rはどんな気持ちで開始gのゴングを迎えましたか?

「2Rに倒しきれなくて、ちょっと落ち込んだんですけど、大沢選手は変わらず打ち合ってくれたし、左ボディが思いっきり入って、大沢選手が『うっ』ってなったのが分かったんです。自分はパンチの引き出しがワンツー・左ボディしかないんですけど(笑)、必死にパンチを打ち続けて何とか倒せました。途中からは両拳に殴ってる感覚があったんで、結構当たっていたと思います」

――試合直後はどんなことを思っていましたか?

「とにかく『よっしゃ!』って感じだったのは覚えてますし、映像を見るとむっちゃ泣いてましたよね。大沢選手に勝った実感はありましたけど、トーナメントを優勝した実感はなくて、トロフィーを渡されてもあんまり優勝したって感じはなかったですね。ただセレモニーが始まるまで、ちょっとの間、放置されちゃって『あれ?俺どうしたらいいの?』って思いました(笑)」